安室奈美恵、「ネット依存」だった ショッピングやゲームにハマり過ぎ、「デトックス」試みる

印刷

   厚生労働省の調査では、パソコンやスマートフォンに夢中になる「ネット依存」の傾向がある人は全国で420万人に上る。

   人気歌手の安室奈美恵さん(37)も一時はネットにハマってしまい、現在は意識的にネットを遠ざける「ITデトックス」をしていると雑誌インタビューで告白し、話題を集めた。かつては「これはマズいんじゃないか」と自覚するほどネットショッピングで買い物をしていたという。

  • ネットショッピングなどにハマっていたという(画像はイメージ)
    ネットショッピングなどにハマっていたという(画像はイメージ)

「お互い無言でスマホの画面を見ていたり」

   安室さんは女性ファッション誌「Gina」(ぶんか社)3月号のインタビューで、

「実は私、最近ネットショッピング絶ちをしているんです(笑)」

と語った。かつては洋服に限らず、チーズやパスタなどお取り寄せグルメなど、自分でも「これはマズいんじゃないか」と思うほど買い物をしていたという。

   また、課金制のゲームアプリにもハマっていたらしく、「気がつくと、誰かと同じ空間にいても、お互い無言でスマホの画面を見ていたりする」ほどだった。

   告白はファンを「安室ちゃん20年来のネット中毒だったのか」と驚かせたり、「ネットにすがるのは仕方ないと思う」と多忙な環境について気づかわせたり、さまざまな反響を呼んだ。

   安室さんに限らず、こうした「ネット依存」と言える状態に陥っている人は増加傾向だ。厚生労働省の研究班が13年に行った調査では、男性の4.5%、女性の3.5%に「ネット依存」の疑いがあるとし、日本の人口にあてはめると全国で計421万人に達すると推計している。08年調査と比べて1.5倍に増えている。

   この調査では特に強いネット依存が疑われることを「病的な使用」と定義している。研究班の代表を務めた樋口進氏が在籍する久里浜医療センターでは11年7月にネット依存治療研究部門を開設。健康に影響が出たり、会社に行かなくなったりするなど、生活に支障が出てしまった人の治療を行っている。

   また、ソフトウェア大手シマンテックが12年に行った調査では、日本人の19%はネットがなければ3時間以内に禁断症状を覚える、と回答していたという。

ネットやメールを気にしない時間を作って、「家でぼーっとする」

「仕事面でも交友関係でも流行面でも、常にアンテナを張ってなきゃいけないわけだから、気にしないってこと自体が難しいと思う」

という安室さんが提唱しているのが、「ITデトックス」だ。デジタルデトックスとも呼ばれ、意識的にパソコンやスマホを遠ざけ、ネット断ちをすることだ。「星のや軽井沢」(長野県軽井沢町)や「リトリート櫛稲」(静岡県熱海市)では滞在中、スマホや携帯電話を預けて、ハイキングやストレッチなどを楽しむ特別プランを提供し、話題を集めた。

   実際に安室さんはネットやメールを気にしない時間を作って、「家でぼーっとする」のだそうだ。

「最初はどうしても気になっちゃうかもしれないけど、2~3日もすれば気にならなくなってきますよ」

とインタビューの中で話している。また、ゲームに熱中することを避けるため、課金をしないこと、充電器を手元に置かないことなど、「決まりを自分でつくってます」と明かしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中