「児童ポルノ」販売ほう助で派遣社員送検 アマゾン本体に責任はないのか、と疑問の声も

印刷

   アマゾンのサイト上で「児童ポルノ」が販売されていた問題で、関連会社勤務の40代派遣社員の男が書類送検されたと報じられた。アマゾンジャパンも家宅捜索を受けていて、本体はおとがめなしとすると、何か変だという見方も出ている。

   アマゾンジャパンなどが2015年1月23日に愛知県警に家宅捜索されたと報じられたときは、ネット上で、「本当は黙認していたのでは」と驚きが広がった。

  • 出品規約には書かれているが…
    出品規約には書かれているが…

派遣社員は、商品の管理や発送を担当

   容疑は、通販サイトで14年10月に18歳未満の少女のヌード写真集が販売されるのを放置していた児童買春・児童ポルノ禁止法違反(販売ほう助)だったからだ。

   ところが、今回、販売ほう助の疑いで、3月17日付で名古屋地検に送検されたのは、アマゾンジャパン・ロジスティクスに勤める派遣社員だけだった。報道によると、この派遣社員は、商品の管理や発送を担当しており、サイト上に出品された写真集をある客に配送した。この客からは、「児童ポルノではないか」と返品されたというが、今度は別の客に写真集を配送していたとされた。

   なお、写真集を出品した関東地方の30代古書店経営者の男も、販売目的所持の疑いでこの日付で書類送検されている。

   アマゾンジャパンによると、サイト上での販売は日本の法令を遵守するよう規約で定めており、システム・プロセスを通じて規約違反の販売を排除している。しかし、アマゾンのサイト上では、東京都内の古書店経営者ら2人が「児童ポルノ」を販売したとして14年9月に逮捕され、その後も、愛知県や福岡県などの10業者も次々に摘発を受けた。

「捜査中ということで、コメントはしていない」

   派遣社員の上司らは、サイト上で販売されているのを知っていたということは本当にないのだろうか。

   この点などについて、アマゾンジャパンに取材すると、「私どもからは、捜査中ということでコメントはしていません。本捜査を真摯に受け止め、当局に全面的に協力しております」と広報本部の担当者が答えた。

   時事通信の報道によると、書類送検された派遣社員は、愛知県警の調べに対し、「児童ポルノと認識していなかった」と供述したともされている。客からは「児童ポルノではないか」と返品されたというが、中身を見ないとポルノとは分からなかったということはないのか。

   ネット上でも、「販売員が出品の中身をいちいちチェックできるわけない」「さすがにこれはとばっちりだろ」「アマゾンジャパンもしくはその関連会社は責任を負わないのか?」といった疑問が次々に出ている。

   アマゾンジャパンに対し、愛知県警はサイトの管理徹底を申し入れたというが、刑事責任を問うことはあるのか、また、なぜ派遣社員は児童ポルノと認識していたと判断したのか。

   愛知県警に取材すると、「報道発表してないので、回答できない」(広報課)と答えるにとどまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中