JR石巻線、4年ぶりに全線開通

印刷

   2011年3月の東日本大震災で被害を受けた宮城県のJR石巻線が、2015年3月21日に4年ぶりに全線開通した。不通だった宮城県女川町の女川‐浦宿(2.3キロメートル)がつながり、朝6時12分に女川駅から一番列車が出発した。津波で被害を受けた女川駅も再建された。

   震災直後、JR石巻線は女川‐小牛田の全線で不通となった。JR東日本は11年4月に一部区間で運行を再開。13年3月までに、線路を敷き直した女川‐浦宿を残して運行を再開していた。

   全線開通で1日に上下11本が運行される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中