8.6秒バズーカーのラッスンに「もう飽きた」の声 千原ジュニア「0.8秒ぐらいで終わってもうた感ある」

印刷

   「ラッスンゴレライ」のフレーズを繰り返すリズムネタで大人気のお笑いコンビ「8.6秒バズーカ―」が相変わらず大忙しだ。寝る間もなくあちこち飛び回っているという。

   しかし賞味期限切れを指摘する声も出てきている。吉本興業の先輩、千原ジュニアさんは2015年3月21日放送のラジオ番組「千原ジュニアのRPM GO!GO!」(ニッポン放送系)の中で、テレビで見るようになった頃にはすでに飽きられつつあったと指摘した。

「初めてテレビで観た時に、みんな知ってもうてるって」

YouTubeの「ラッスンゴレライ」動画は再生回数2000万回を突破している(画像は公式チャンネルのスクリーンショット)
YouTubeの「ラッスンゴレライ」動画は再生回数2000万回を突破している(画像は公式チャンネルのスクリーンショット)

   千原さんは元「世界のナベアツ」こと桂三度さんとの会話を振り返りながら、YouTubeでネタ動画を見ることが当たり前になっている現状に触れた。その流れで、

「8.6秒バズーカー言うてるけど、0.8秒ぐらいでもう終わってもうた感があるやん。8.6秒なかったで、あれ。初めてテレビで観た時に、みんな知ってもうてるって」

などと話した。

   「ラッスンゴレライ」の動画は8.6秒バズーカー自身が14年12月にYouTubeで公開。人気ぶりはすさまじく、約1か月後には再生回数1000万回を突破し、インターネット上での知名度アップにも大きく貢献した。しかし千原さんの主張によれば、これが結果として彼らのネタに対する「飽き」を早めてしまったということのようだ。テレビに頻繁に出る頃には、視聴者はすでに「お腹いっぱい」というわけだ。

   2月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、タレントの武井壮さん(41)も

「世間の人は、この人たちが出るよりも早いスピードで何百回もこれを(ネット等で)見るから、1か月くらいしたらもう慣れて、新鮮味がなくなってしまう」

と同様の懸念を口にしていた。

   ブレーク当初から「一発屋化」が指摘されていた2人。実際に「もう飽きた」といった声は、インターネット上でも日を追うごとに増えてきている感がある。

点滴写真にガラガラ声で体は持つ?

   もちろん新ネタへの「移行」は本人たちも真剣に考えているようで、芸能ジャーナリストの中西正男さんによるインタビュー記事(2月14日公開)では

「ネタ自体でも"ラッスンゴレライ"の次を、常に考えてます」「ただ、タイミングが難しい。いつ出すのが、"ラッスンゴレライ"からの切り替えが一番うまくいくのか。ネタ自体ももちろんですけど、その時期が重要だなと」(田中シングルさん)

などと語っていた。

   3月23日に行う「なんばグランド花月」のライブでは新ネタも披露すると発表しており、これを機にテレビでもラッスン以外のネタが増えていくかもしれない。

   一方、賞味期限とは別の懸念材料もある。2人の体調面だ。ブレーク以降、1日に何本もの仕事をこなし続けている2人は、番組出演時に睡眠時間がほとんどとれていないことを度々告白しており、ファンからは心配する声が数多く上がっている。

   田中シングルさんはネタのやりすぎで声がガラガラになり、2月下旬には、2人と共演したという明石家さんまさんがラジオ番組の中で「仕事忙し過ぎて、(声が出なくなって)何言うてるか分からなくて...」と明かすこともあった。また3月17日には、田中シングルさんが点滴中の写真を自身のインスタグラムにアップした(画像はその後なぜか削除された)。

   現時点では給料も低く、先々月は4万円、先月は8万円とのこと。18日のDVD発売記念イベントでは「たくさん給料をもらえたら何がほしい?」と聞かれると「時間買いたいです」「寝る時間を与えてほしいです」「(同時期にブレークした)くまむしさんとかに聞いても寝る時間一応あるって...」と口々に漏らした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中