カンニング竹山「月収2000万円」を否定 勢い余ってラジオの「激安」ギャラぶっちゃけた

印刷

   バラエティー番組での「最高月収2000万円」というボケを真に受けられてしまったカンニング竹山さんが、「ありえないでしょ!俺のポジションで!」と出演したラジオで否定した。

   自身のボケに自らツッコミを入れ、さらに説明までさせられた形で「世の中の人は金のことが大好きで・・・」とブツブツこぼしていたのだが、感情は次第にエスカレート。ラジオのギャラまでぶっちゃけてしまった。

  • 「たまむすび」のギャラに不満あった?
    「たまむすび」のギャラに不満あった?

仕方なく言ったのが妙に生々しい「2000万円」

   発端は2015年3月22日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、ブレーク中の8.6秒バズーカーから最高月収を聞かれ、「2000万円です」とサラリと言ってのけたことだ。生々しい金額に視聴者は驚き、

「マジかよ」
「こういうの聞くとお笑い芸人も夢がある職業だと思うわ」
「さらっと言うとこカッケ~」

とツイッターなどで波紋を広げた。さらに日刊スポーツやデイリースポーツなどがすぐ記事にしたため、竹山さんは

「でまかせなのに早くもネットのニュースになっている!そんな事テレビで話すわけないだろ!」

と22日ツイッターで自らツッコむハメになった。

   まだ言い足りなかったのか、翌23日の「たまむすび」(TBSラジオ)でも「昨日昼間、ネットを騒がせてたんですけど・・・」と切り出し、

「ありえないでしょ!俺のポジションで!MCだったらまだしも、昼間のラジオのパートナーやってるやつがもらえる訳ないでしょ!」

とあらためて否定した。

   さらにボケの背景まで説明。実は「高額月収ボケ」は「アッコにおまかせ」(TBS系)などでのお決まりのやり取りだったという。普段は「3兆円」と答えていたが、とっさに数字が出てこず、仕方なく言ったのが妙に生々しい「2000万円」という金額だったというのだ。

「1回3000円くらいでしょ?すげー安くない?」

   それだけでは収まらなかったのか、

「ネットっていうのは1人がツイッターで文字にするとリツイートされたり、ニュースになったりして、それが真実になっていく。変な世の中!」

と不満げに語り続けた。しかし次第に不満は脇道にそれ、

「たまむすびのギャラなんて1回3000円くらいでしょ?すげー安くない?」

とぶっちゃけた。正確な金額は把握していなかったようだが、共演する赤江珠緒さんに「ラジオ安いよね?」と同意を求めるなどエスカレート。ブレークのきっかけになった「キレキャラ」を思い出させる勢いで、

「何かのギャラが、高校時代に日通でアルバイトしてたのと変わらなかったもん。2000万円のやつが昼間のラジオなんかやってねーって」

と一気にまくし立てた。始めは「世の中の人は金のことが大好きでさー」とぼやいていたのに、結局はギャラの不満で話をまとめた。高収入で話題を集めたものの、今度はリスナーから「ラジオ番組って安いのね」「3000円なのか」と心配されているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中