SMAP独身で一番「リア充」なのは稲垣 草なぎ「人を愛せない」 香取「飲み友は草なぎだけ」...

印刷

   SMAPの稲垣吾郎さん(41)が謎の同居人「ヒロくん」と休日を過ごす様子が2015年3月23日のバラエティー番組「中居正広のISORO」(フジテレビ系)で放送され、大きな反響を呼んだ。

   「ヒロくん」は会社を経営している50代の既婚男性だ。ネットで指摘されていた「同性愛説」は晴れなかったようだが、「ヒロくん」との私生活を垣間見たファンらは「リア充」ぶりに驚いたようだ。

  • 稲垣さんのイキイキとした表情には中居さんも驚き
    稲垣さんのイキイキとした表情には中居さんも驚き

ヒロくんは「大切な存在」

   稲垣さんは09年12月にテレビ番組内で言及して以来、何度か「ヒロくん」との関係を語っている。最近では、週2ペースで稲垣さん宅に泊まりに来ていることや、彼専用の部屋が用意してあることなど、踏み込んだ話をすることが増えていた。特に14年12月の番組では「精神的には恋人のような深い感じ」と語ったことなどから、ネット上では同性愛説もささやかれるほどだった。

   「中居正広のISORO」では、そんな「疑惑」の2人に密着。稲垣さんが「ヒロくん」の豪邸にお泊りする様子などがVTRで流れた。中居さんは「ヒロくん」との関係についてほとんど知らないそうで、

「お風呂に一緒に入れるのはヒロくんだけ」
「同じベッドで寝たことはある。家族だから、気を使うことはない」

などと話す稲垣さんに困惑しきりだった。2人でイチゴ狩りに行き「あ~ん」と食べさせる光景には、高島彩アナも「えっ!」と思わず目を見張った。

   2人は99年に出会ってから15年以上の付き合いだという。稲垣さんはそんな「ヒロくん」のことを「大切な存在」と明言する。自身の結婚について話が及ぶと、

「僕が結婚して、奥さんと子供ができたら(ヒロくんが)来られなくなっちゃうのかな」
「でもそれを認めてくれるような人じゃないと僕も結婚しないと思う」

などと語り、最終的には

「この関係があるから俺は結婚しないんだ!」
「独身だな、やっぱりずっとまだこれからも」

という結論に行きついた。

   普段からミステリアスな印象が強く、私生活もベールに包まれていただけに、中年男性との「親密すぎる」お付き合いという意外な一面は、インターネット上でも大きな反響を呼んだ。

中居「毎日女性と一緒にいるのが無理」

   ツイッターの反応を見る限り「同性愛説」は健在のようだが、ともあれ、稲垣さんが心を許せる相手との交流を通じて充実した日々を送っていることは間違いなさそうだ。番組では、中居さんも稲垣さんのイキイキとした表情をみて「見たことないもん、こんな吾郎」と驚いていた。

   逆に他のメンバーの「私生活」では、「孤独」な面が注目されることも少なくない。たとえば中居さんは常に多くの人に囲まれているイメージとは裏腹に「一人好き」で有名だ。潔癖な一面もあり、恋愛面では「毎日女性と一緒にいるのが無理」「寝るときは絶対に1人がいい」などと語っている。

   香取さんは共演者と携帯番号を交換しないことで知られ、09年の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)ではプライベートでよく飲みに行く芸能人を聞かれた際に「草なぎだけです」と明かしている。休日はインドアな趣味で過ごしているようで、ネット上では「香取慎吾の闇は深い」などと指摘されるほどだ。草なぎさんも最近は「人を愛すことができない」という深刻な悩みを告白している。

   今回の放送を受け、視聴者からは「吾郎さん、プライベート、めちゃくちゃ充実してるじゃん リア充100%だね~!!」「充実しててホント楽しそう。 うらやましい」といった声が少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中