独機墜落事故、副操縦士の故意の疑い 仏検察調べ

印刷

   ドイツの格安航空会社(LCC)、ジャーマンウィングスの旅客機(乗員乗客150人)が南仏の山中に墜落した事故で、フランスの検察当局は2015年3月26日に開いた会見で、アンドレアス・ルビッツ副操縦士(28)が故意に機体を急降下させて墜落させた疑いがあるとの見方を示した。検察によると、フライト中に機長がコックピットを出た後に副操縦士がなんらかの操作を行って急降下させた可能性が高い。事故現場で回収されたブラックボックス内の音声データには、機長がコックピットのドアをこじ開けようとする様子が収録されていたが、副操縦士は応じなかった模様だ。墜落直前まで副操縦士が呼吸する音も収録されており、副操縦士に体調の異変はなかったとみられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中