板野友美の実妹がCMデビュー 姉と似てる?似てない? ネットで論争勃発

印刷

   元AKB48でタレントの板野友美さん(23)の実妹・成美さん(19)が2015年3月28日から放送される日本サブウェイ(東京都港区)のCMに出演する。

   CMは22日にYouTubeで公開されており、ネット上では姉と妹の顔の違いがはやくも話題となっている。

  • CMデビューを果たした板野成美さん
    CMデビューを果たした板野成美さん
  • 「いらっしゃいませ!」と元気にあいさつ
    「いらっしゃいませ!」と元気にあいさつ
  • 横顔は姉と似ている?
    横顔は姉と似ている?

幼稚園児の頃から女優志望

   成美さんは1995年に神奈川県で生まれ、今回CM初出演。フォトグラファー・魚住誠一さんの公式サイトに掲載された2015年のインタビュー記事によると、幼稚園児の頃から女優を目指していたという。

   中学、高校時代はダンス部に所属したものの、「当時はアイドル全盛だったのですが、わたしは女優さんという仕事に魅せられてしまい、他は考えられなかったですね」と明かしている。

   その後、役者育成のトレーニング・スタジオ「Actors Training Studio」に参加、2013年にはスタジオ主催のオーディション「第一回 Actors Training Studio l'etoileグランプリ」でATS賞を受賞している。

   演技力を評価され、14年にはWOWOWのドラマ「平成猿蟹合戦図」(行定勲監督)に出演している。

   3月28日から放送されるCMでは、成美さんは店員に扮する。冒頭、制服を着た成美さんがカメラ目線で「いらっしゃいませ!」と元気にあいさつ、モデルの片桐ゆたかさん(24)演じる客がショーウインドウをのぞき込みながら「レタス、トマト、ピーマン、オニオン、えび、アボカド」とメロディーを口ずさむ。

   成美さんは店で焼き上げたパンに生野菜、えびを挟んでドレッシングをふりかけ、「おいしいをあなたのため」と笑顔で振り向く。

   片桐さんがサンドイッチを頬張って「ん~!」とため息をこぼし、CMは終わる。

   成美さんはトレーニング・スタジオの公式ツイッターに27日、「今回このような大きいチャンスを頂けてすごい嬉しいです!まだ自分がCMに出るのは信じられません!演技のトレーニングができチャンスが多いATSというところでお芝居を学べていることがとても嬉しいです。これからも頑張ります!」と喜びのコメントを寄せた。

「なんとなくともの面影あるね」

   成美さんの実姉は、言わずと知れたあの友美さんだ。友美さんは11年1月5日のツイッターで、15年2月6日のインスタグラムで妹の写真を公開しているが、まだCM出演には触れていない。一方、ネット上では「似てる」「似てない」の議論が始まっている。

「正面の写真はやっぱ似てる!姉妹そろって可愛い♪」
「なんとなくともの面影あるね」
「お姉ちゃんに声そっくりやなー」

との声が出る一方、

「え!サブウェイのCMのひと、ともちんの妹とかびっくり!」
「ともちんの妹ともちんに似てない」
「似てるのかよく分からんな」

といった声もある。

   具体的に似ている箇所はあまり挙がっていないが、「どことなく似ている」という声が多いようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中