日テレ「スッキリ!!」はスッキリしすぎ! 新体制に「軽い」とネットで不評の声も

印刷

   日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」が2015年3月30日に新体制でスタートし、「スッキリしすぎ!!」などといった声が挙がった。

   9年間番組のMC を務めていたテリー伊藤さん(65)と月曜コメンテーターだった勝谷誠彦さん(54)が「卒業」し、テリーさんの後釜には爽やかなイケメン、上重聡アナウンサー(34)が抜擢された。コメンテーターには高橋真麻さん、杉山愛さん、犬山紙子さんといった女性陣がずらりと並んだが、以前と比べ「軽すぎる」「中身がない」というのだ。

  • 「軽すぎる」?「中身がない」?(画像はイメージ)
    「軽すぎる」?「中身がない」?(画像はイメージ)

加藤浩次「僕が急にオッサンに見えるようになった」

「まだみなさん違和感あると思うんですけど、その違和感が早く無くなるように・・・」

やや噛み気味の挨拶をしたのは上重アナ。愛称「エース上重」で、高校時代はエース投手として甲子園に出場、大学でも投手として完全試合を達成するといったスポーツマンで爽やかなイケメンだ。前任のテリーさんとは明らかに違っている。引き続き司会を務める加藤浩次さんは上重さんを見て、

「フレッシュな感じになりましたよ。僕が急にオッサンに見えるようになった」

などと冗談を飛ばした。また、勝谷さんの後釜は外交ジャーナリストの手嶋龍一さん(65)で、女子アナも2歳若返り、杉野真実アナから岩本乃蒼アナに交代した。

   番組が進行するに従ってネット上の掲示板などにはこんな書き込みが増えていった。

「スッキリちゃうやんかこんなん 女くっせえスッキリなんていらんねん」
「加藤、勝谷、テリーとかいう何かやりそうなやつが並んでる緊張感がよかったのに ただのバラエティやん」
「わかるスッキリしすぎ」

   テリーさん、勝谷さんを元に戻してほしいといった声もある。

叩く相手がいなくなったと寂しがる人も

   確かにこれまでの番組内容に比べ、当たり障りのないコメントと雑談のような話が主体になっている。それが「軽すぎる」「中身がない」と感じられ、「スッキリしすぎだ」になったようだ。テリーさん、勝谷さんのコメントには暴言とも思えるものがあり、時にはスタジオ内で喧嘩状態になることもあった。ネット上でも物議を呼び「降板しろ!」などと批判も出たが、いざ本当に降板してしまうと「叩く相手」が居なくなり寂しいと感じる人もいるようだ。

   テリーさん、勝谷さんの降板の理由については諸説あり、問題発言が多すぎて日テレに苦情が来たためだとか、経費節減でギャラの高いテリーさんを切った、テリーさんが映画を作るため出演する暇が無くなった、などがあるが、今回の放送を見る限りでは、主婦など女性を意識した番組に路線変更するため、出演者を一新したということのようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中