ルフトハンザ、事故機副操縦士の精神疾患歴把握していた

印刷

   ドイツの格安航空会社(LCC)のジャーマンウィングス機の墜落事故で、アンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)が過去に精神疾患を患っていたことを会社側に伝えていた。ジャーマンウィングスの親会社、ルフトハンザが2015年3月31日、声明を発表した。ルビッツ氏は08年にルフトハンザ傘下のパイロット訓練学校に入学。数か月の中断を経て09年に訓練を再開し、12年に卒業していた。訓練再開の際、ルビッツ氏が過去に「深刻なうつ病」だったことをメールで会社側に申告していた。

   ルフトハンザは3月26日の会見では、ルビッツ氏を乗務させたことについて問題ないとの見解を示しており、過去の精神疾患についても把握していないと説明していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中