テレ朝「犯罪」「業務上横領」の表現謝罪 NHK会長ハイヤー問題

印刷

   テレビ朝日は2015年4月1日、情報番組「ワイド!スクランブル」の番組内で、コメンテーターが不適切な発言をしたとして謝罪した。

   3月17日の放送で、HNKの籾井勝人会長が私用のゴルフで使ったハイヤー代金をNHKが立て替えていた問題を取り上げた際、教育評論家の水谷修氏が「これは犯罪じゃないですか」「業務上横領じゃないですか」などと発言していた。大下容子アナウンサーは「こうした表現をしたことは適切ではありませんでした。番組として関係者並びに視聴者の皆様にお詫びいたします」と謝罪した。

   報道によれば、水谷氏は事前に番組スタッフに発言内容を相談していたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中