「エヴァ」庵野監督が以前の「鬱状態」告白 ファンに衝撃、「ゴジラ新作と2つもできるのか」

印刷

   人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督(54)が、公式サイトなどで「かつて鬱状態だった」ことを告白し、ファンらにショックを与えている。それにもかかわらず、エヴァとゴジラの新作を同時並行して進めるというのだ。

   ゴジラ新作の脚本と総監督を庵野秀明監督が務めることは、東宝が2015年4月1日に報道発表した。日本を舞台にした12年ぶりの新作が作られることはすでに明らかにされていたが、それを庵野氏が手がけるということでファンを驚かせた。

  • 長文のコメントが話題に
    長文のコメントが話題に

ゴジラ新作「出来ませんよ」といったんは固辞

   これまでの経緯について、庵野氏は、公式サイトなどでこの日、長文のコメントを出した。

   それによると、庵野氏は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を公開した後の12年12月に「鬱状態」になった。「僕は壊れました」とも明かしており、その理由として、6年間も魂を削ってエヴァを再び作ったことの報いだったとした。

   翌13年には、精神的な負の波が何度も揺れ戻すような感覚を味わい、映画制作のスタジオに一度も近づけなかったという。庵野氏は、「妻や友人らの御蔭で、この世に留まる事が出来」と書いている。

   宮崎駿監督がこの年のアニメ映画「風立ちぬ」で主人公の声役を任せてくれたことなどから立ち直りのきっかけをつかみ、14年初めにようやくスタジオに戻れたという。そして、リハビリを1年以上続けて、徐々に仕事を増やしていったとしている。

   ゴジラ新作の依頼を東宝から受けたのは、まだ精神状態が不安定だった13年1月末だとし、庵野氏は、「無理です。エヴァもあるし、出来ませんよ」といったんは固辞したとした。しかし、ゴジラ新作で監督と特技監督をする樋口真嗣氏(49)らに説得され、エヴァ以外もやらないと続かないとも考えて、この年3月に総監督などを引き受けたと説明している。

「映画を作りながら、次の作品準備は珍しくない」

   庵野秀明氏は同時に、15年には、2年以上もファンを待たせた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の完成に向けた作業も進めていることを明らかにした。

   ゴジラ新作も、13年5月に主題を決め、6月に映画の企画案を東宝に出し、プロットなどの作成も始めたといい、「本作もシン・エヴァも全力で作っていく」と決意をつづっている。エヴァ新作については不明だが、ゴジラ新作は、15年秋にクランクインし、16年夏に公開する予定がすでに決まっている。

   こうした情報がニュースなどで流れると、ネット上では、「庵野さん・・・病んでおったのだね」「ゆっくり...楽しみに、待っています」とファンらの期待する声が相次いだ。ゴジラ新作は報道発表されたものだが、4月1日だっただけに、「エイプリルフールってことは流石にないよね?」との声もあった。

   ゴジラで映画を始め、「ガメラ」シリーズも手がける樋口真嗣監督については、ネット上でも、安心して任せられるとの声が多い。一方、庵野氏については、ゴジラ新作に実質的にあまり関われないのではといった指摘がある。さらに、ゴジラ新作と2つもできるのかとして、エヴァの完成がまた先延ばしになることを心配する声が出ていた。

   庵野氏が「鬱状態」になったことについては、一部の映画関係者も「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を酷評したことからだろうかとの憶測が出た。

   庵野氏が2つも同時並行してできるかについて、東宝の宣伝部では、取材にこう説明した。

「樋口監督も『進撃の巨人』を同時並行して作っており、庵野監督も分業して仕事をすることでできるのではないかと思います。映画を作りながら、次の作品を準備することは珍しいことではないですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中