「正露丸」CMでおなじみラッパのメロディー 登録商標出願

印刷

   大幸薬品は2015年4月1日、胃腸薬「正露丸」のCMで流れるラッパのメロディーの商標登録を特許庁に出願した。改正商標法により、効果音や色彩などの商標登録が同日から可能になったためで、同社は「自社ブランドのイメージを守るため早期登録を目指す」としている。

   ラッパのメロディーは1951年のラジオCMで初めて採用。以降、パッケージに描かれているラッパのマークとともに「正露丸」の象徴として広く知られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中