猪木氏「UFOにスクランブルかけたことがあるか」参院予算委で質問

印刷

   2015年4月1日の参院予算委員会で、日本を元気にする会のアントニオ猪木議員は「未確認飛行物体(UFO)」について、自衛隊がスクランブルしたことがあるのか質問した。

   猪木氏はメキシコ大使館の知人から「葉巻型のUFOがやってきた」という話を聞いたと切り出し、自らもブラジルのコーヒー園で働いていた14歳の時に「地平線から光ったものが出てきて、反対側に消えて行ったのを見た」という体験談を披露。その上で

「宇宙人がいるかいないのか分かりませんが、考え方を変えると何かが領空侵犯をしていると言えます。いわゆるUFOについて情報があるのか、スクランブルをかけたことがあるのか、研究はしているのか」

と質問した。

   中谷元防衛相は苦笑いしながら「鳥等の航空機以外の物体を発見することはあるが、ご指摘の地球外から飛来したとみられる未確認飛行物体については承知していない」と答弁。与野党問わず出席者からも笑い声が漏れていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中