視聴者には何が何だか分からない「不可思議」謝罪 上重アナ、頭下げるも具体的内容に一切触れず

印刷

   スポンサー企業の元会長から多額の融資を無利息で受けていたと週刊文春に報じられた、日本テレビの上重聡アナウンサーは2015年4月3日、司会を務める「スッキリ!!」に出演し、「多くの方に疑念を抱かれるような、そういった結果になってしまいました。深く深く、反省しております」と謝罪した。

   報道後、カメラの前で謝罪したのは初めてだ。ただ具体的な報道内容に触れなかったため、「何を謝罪したの?」と事情を知らない視聴者には困惑が広がっている。

  • 日テレの上重アナの突然の謝罪に視聴者困惑
    日テレの上重アナの突然の謝罪に視聴者困惑

時折かんで、こわばった表情

   番組はいつも通り、司会の加藤浩次さんの「おはようございます!」でスタート。直後に、ほかの出演者から少し離れたところに立っていた上重アナは「私の個人的なことで大変申し訳ありませんが」と断り、

「今回、知人から便宜供与を受けていたという報道がありました。プライベートな交友関係において、個人的なご厚意に甘えたことにより多くの方々に疑念を抱かれるような、そういった結果になってしまいました。深く深く反省しております」

と謝罪した。さらに続けて

「今後は視聴者の皆さまに信頼されるアナウンサーになるべく精進してまいりたいと思います。視聴者の皆さんをはじめ、多くの方々にご心配、ご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ありません」

と述べて、5秒ほど頭を下げた。内容をしっかり暗記して臨んだようで、カメラを見据えながら話していたが、時折かんでしまい、表情は終始こわばっていた。

   ただ上重アナの謝罪は、番組冒頭の約1分を割きながらも、週刊文春に報じられた具体的な内容には触れなかった。そのため多くの視聴者は「上重くんって何をしたの??」と事態を飲み込めなかったようだ。ツイッターには、

「スッキリ!で上重アナ、何を謝罪してたの??」
「あれだけじゃ何をやらかしちゃったのかさっぱり分からないのですが」

と困惑が広がった。

「はぐらかしてごまかそうとしている!」

   週刊文春の報道は、上重アナは「ABCマート」元会長の三木正浩氏からマンション購入時に1億7000万円を無利息で借りていたり、同氏の高級外車を乗り回したりしていたというもの。利益供与、コンプライアンス違反だと指摘している。

   同誌の取材に三木氏は謝罪、売却処理を進めると説明。日本テレビは「特別な便宜を図った事実は一切ありません。そのほか上重個人にかかわるご指摘については、確認のうえ問題があれば適切に対処します」とコメントしている。

   上重アナも2日に日テレ広報部を通して「あくまでもプライベートな交友関係であり、会社や仕事については特別な便宜を図っていただいたことは一切ありません」とコメントを出したばかりだ。

   今回の謝罪は、前日のコメントをほぼなぞっただけで、報道の具体的な内容に触れていない。そのため

「ところで上重聡は何を謝罪??騒がせたからって?マンション貰ったから?高級車貰ったから?車で出勤したから?はぐらかしてごまかそうとしている!」
「あれで禊おーわりっ!明日からまた当然のように出るよっ!ってことなんだろうなあ...」

と一部からは反発を招いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中