横浜国立大、新入生の名簿を紛失

印刷

   横浜国立大学は2015年4月3日の入学式の受付において1814人の新入生の個人情報が記載された名簿を紛失したことを5日、明らかにした。

   なくなった名簿は入学許可証を忘れた学生を確認するためのもので、全学部新入生の氏名、性別、学籍番号、所属学部・学科・コース、受験番号及び生年月日が記載されていた。

   大学側は対象学生全員の学籍番号を振りなおし、学生証の再発行を行った。また、ホームページ上にお詫びを掲載した上で、なりすましといった悪用への注意を呼び掛けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中