成田空港にLCCターミナルが開業 5社で年550万人利用見込む

印刷

   成田空港に2015年4月8日、格安航空会社(LCC)向けの「第3旅客ターミナル」が開業した。成田に旅客ターミナルビルが新設されるのは第2ターミナルの開業以来22年4か月ぶり。開業時には、ジェットスター、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本、済州航空(チェジュ)航空の5社が第2ターミナルから移転した。5社で1年に約550万人の利用を見込んでいる。

   これまでのターミナルに比べて内装を簡素にするなどして建設費を約150億円に抑え、利用するLCCの費用負担を半分程度に設定した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中