降板説が囁かれる苦境の上重アナ 番組では「チャンスがほしい」発言

印刷

   日本テレビ系「スッキリ!!」司会の上重聡アナウンサー(34)が、番組での様子がおかしいとネット上などで話題になっている。スポンサーからの利益供与問題が発覚した後に変わったというのだ。

   週刊誌報道があった2015年4月2日の翌日、上重アナは番組の中で、便宜を受けたことを否定しながらも、厚意に甘えたと謝罪した。しかし、1億7000万円ものマンション購入代金を無利息で借り、脱税の疑惑をかけられながらも、なお番組には出続けている。

  • まだチャンスをあげるのか?
    まだチャンスをあげるのか?

「口数が減り、表情も硬くなった」

   とはいえ、問題発覚後の上重アナは、以前よりも口数が減り、表情も硬くなった――こんなネット上の声は多い。

   7日朝の「スッキリ!!」では、番組最後の誕生月占いコーナーで上重アナがした発言が出演者らを驚かせた。上重アナと同じ5月生まれの人について、占い師が「運があなたに味方する日となりそうですよ」と言ったときだ。

「チャンスほしいです...はい」

   こうポツリと上重アナはつぶやいた。真意は分からないが、PL学園のエースとして甲子園に出場した経験もあることから、ピンチになった自分に置き換えたのかもしれない。この発言で、スタジオから苦笑が漏れ、司会の加藤浩次さん(45)がすかさず、チャンスについて「つかもう! 自分で」と声を上げた。

   さらに、「頑張っていこう! 着実に、一歩ずつ」と呼びかけると、上重さんは、「ありがとうございます」と答えた。加藤さんは、今回の問題を受けて、上重アナを励ますつもりだったらしい。

   出演者から「変な空気」との声が漏れたが、加藤さんは「大丈夫、大丈夫」とかわす。上重アナが「すみません」と謝ると、「心機一転ですよ。頑張っていきましょう」と加藤さんが番組を締めくくった。

   この日は、お笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔さん(42)が予算5000万円でマイホームを買うというコーナーもあり、バツが悪いのかは分からないが、上重アナは、笑顔をみせながらも、発言は終始なかった。

「降板した方がいい」と厳しい声も

   4月8日の「スッキリ!!」でも、上重聡アナの利益供与問題をネタにしたようなやり取りがあった。

   シンガーソングライターmiwaさん(24)の活動を紹介するコーナーで、出演者らは、コーラスをしながら右手を突き上げてリズムを取った。終わって、上重アナが加藤浩次さんに「ワンテンポ、ちょっと遅れていましたけども」と声をかけた。すると、加藤さんは、「お前、そんなこと言うのか。お前、今言っていいのか」と上重アナに詰め寄った。

   上重アナは、高級外車も無償貸与されて通勤していたことが社内問題になったことから、上重アナが謝罪した日の放送で、加藤さんは、「ちゃんと電車で帰ろうね」と上重アナに呼びかけていた。もし上重アナが加藤さんをからかうなら、また今回の問題を蒸し返すぞということらしい。

   もっとも、上重アナが「大変申し訳ございません」と謝ると、加藤さんは、「冗談ですよ、冗談」とフォローしていた。

   こうしたやり取りは、ネット上でも話題になり、上重アナは様子がおかしくなっているとして、「降板した方がいい」といった厳しい声も出ていた。さらにネットメディアの中には「降板説」を打ち出したところもある。

   事情に詳しい芸能関係者は、上重アナについて、取材先での評判は悪くないとしたうえで、「局内で目立ったので叩かれたのだろう。生活が派手になっており、本人も脇が甘すぎた」と指摘する。ただ、こうも言う。

「上重は、スポーツもやっていて、看板にもなりうる人材だと見ています。日テレは、すぐに降板させることはないのではないかと思います。もっとも、脱税問題が出てきたときは、そうせざるをえないかもしれませんね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中