東京ガスの家庭向け電力、今秋にも予約販売開始

印刷

   電力事業への参入を表明している東京ガスは、2016年度の電力小売りの全面自由化に向けて、「2015年度下期から家庭向け電力の予約販売を受け付ける」考えを示した。2015年4月8日、東京都内で会見した広瀬道明社長が明らかにした。予約販売について、広瀬社長は「今のエリアを中心に考えたい」と話し、東京ガスが首都圏に抱える1100万件の顧客を対象に予約を募る考え。

   また、小売り販売にあたっては「他業界との(セット販売といった)サービスメニューも検討する」とし、通信や住宅メーカーといった異業種との提携を模索する。異業種のサービスと、電気やガスをセット販売することで顧客の囲い込みを狙う。具体的な料金やサービスメニューについては「秋までの半年間、検討する」と述べた。

   東京ガスは14年10月に発表した「チャレンジ2020ビジョン」で、首都圏の電力販売を、13年の約100億kWhから、2020年に約300億kWh(首都圏需要の1割)への拡大を目指すことを打ち出している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中