FC東京・武藤が強豪チェルシーから正式オファー

印刷

   サッカーJ1・FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)が、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーから正式オファーを受けたことを2015年4月8日、FC東京の大金直樹社長(48)が認めた。今夏にも完全移籍する可能性があるという。チェルシーからのオファーは日本選手として初めて。

   移籍金は推定で400万ポンド(7億1000万円)とみられ、過去にJリーグから海外へ移籍した選手では、01年に浦和レッズからオランダのフェイエノールトへ移籍した小野伸二の推定375万ドル(当時約4億7250万円)を抜いて最高額になる。

   報道によると、チェルシーは武藤のハードワークや攻守の切り替えの早さなどを評価しているという。武藤自身は移籍について「まだ何も決めていない。自分のキャリア、成長、試合に出られるのかなど、冷静な判断を下したい。今は東京でのプレーに集中したい」とコメントしたと報じられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中