羽生名人が史上最短60手で先勝 将棋名人戦第1局

印刷

   東京都文京区のホテル椿山壮東京で2015年4月8日から行われていた将棋の第73期名人戦七番勝負の第1局が、9日午後5時52分に決着し、羽生善治(はぶよしはる)名人(44)が挑戦者・行方尚史(なめかたひさし)八段(41)に勝利した。

   羽生名人の△4三銀(60手目)を見た行方八段は14分考えた後、投了の意思を示した。60手での終局は、第6期(1947年)の第7局指し直し局で塚田正夫八段(当時)が木村義雄名人(同)に勝利した時の63手を抜き、名人戦史上最短手数となる。

   羽生は歴代単独3位となる通算9期目の名人位に向けて、好スタートを切った形になる。行方は初タイトルを目指し、巻き返しを図る。第2局は4月22、23日に岐阜県高山市の高山陣屋で行われる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中