ハーフ芸能人の両親特集、ゲストにローラ 「これはいじめではないか」の声

印刷

   「ハーフ芸能人の両親」を特集した2015年4月8日放送のバラエティ番組「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)に、タレントのローラさん(25)が出演した。

   しかし、ローラさんが番組内で不自然なほどに目立たず、画面に登場することもほとんどなかった。なぜなのか。ネット上で訝しむ声が続出している。

  • ローラさんを出演させることに無理があった?(写真は2012年11月撮影)
    ローラさんを出演させることに無理があった?(写真は2012年11月撮影)

ハーフ芸能人らのVTRにコメントせず

   8日放送の「おじゃMAP!!」は「親の顔が見てみたい!話題のハーフ芸能人SP」と題し、モデルのラブリさん(25)、ミュージシャン・モデルのIVANさん(31)、タレントのダレノガレ明美さん(24)の両親を紹介した。

   3人は自分の生まれをめぐる葛藤や両親との軋轢など、今まで語られてこなかった過去を赤裸々に明かした。

   番組はVTR主体で進行し、終始「SMAP」香取慎吾さん(38)を始めとする出演者らの表情やコメントがワイプ画面で被せられた。ただ他の出演者と異なり、ローラさんの表情が映し出される場面は少なかった。

   ラブリさんのVTRでは一度もワイプ画面に登場せず、ダレノガレさんのVTRでは最初何度か映ったものの、血の繋がらない父との軋轢を描いた再現映像に移ると一切登場しなくなった。

   さらに、スタジオトークへ移った際にも、話はローラさんにほとんど振られなかった。ラブリさんのVTRが終わった後はスタジオのローラさんがアップで映されたものの、コメントは「ステキー」のみ。

   また、IVANさんのVTRが終った後には出演者でお笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也さん(39)がローラさんに話を振ったが、ハーフ芸能人の集まるパーティ「ハーフ会」のメンバーを数人紹介しただけで終わった。

   結局最後までローラさんが番組に登場したハーフ芸能人らのVTRにコメントしたり、自身の両親について発言したりすることは無かった。

「ローラのパパは?」

   ローラさんの父親と言えば、海外療養費をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、15年3月5日に開かれた東京地裁(横山浩典裁判官)の判決公判で懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡されたばかり。

   ネット上では、放送開始直後から「ローラへの当て付けか」「ローラに対する嫌がらせ企画か」など番組内容を揶揄する声が出始めていた。番組が進みローラさんの目立たない状況が続くと、いよいよ

「ローラを呼ぶとはなんというイジメ」
「ひどいいじめだ」
「ローラのパパは?」
「ローラはやっぱりだんまりか」

といった声が相次いだ。

   番組の内容からしても、ローラさんを出演させることに無理があったともいえそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中