「羽柴秀吉」こと三上誠三氏が死去 各地選挙に出馬

印刷

   「羽柴秀吉」の名前で各地の選挙に立候補した建設会社社長の三上誠三氏が2015年4月11日、肝硬変で亡くなった。65歳だった。

   三上氏は出身地の青森県旧金木町の町長選や東京都知事選、衆院選などに立候補。07年の北海道夕張市長選では次点になり話題を集めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中