「すき家」、勤務時間管理システムを導入

印刷

   牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスが2015年秋にも、すき家全店に従業員の勤務時間管理システムを導入すると、日経新聞が4月12日に報じた。

   それによると、システム導入で本部が従業員の勤務状況を把握できるようになり、従業員を派遣するなどして労働負担を軽減できる見込みとした。システムはすでに十数店で実験的に行っており、15年秋までに効果を検証するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中