産経前ソウル支局長、出国禁止を解除 8か月ぶり

印刷

   韓国政府は2015年4月14日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴されている産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置を同日付で解除した。出国禁止措置は14年8月に初めて出され、これまでに8回延長されていた。4月15日には現在の禁止措置の期限を迎えることになっていたが、産経新聞が加藤氏の帰国後も公判への出廷を保証することを表明したことなどから、延長を見送った模様だ。

   加藤氏の出国禁止措置をめぐっては、人道面から批判が高まっており、4月9日にはソウル駐在の外国メディアでつくる「ソウル外信記者クラブ」、出国禁止が長期化していることに「憂慮」を表明する書簡を朴大統領あてに送ったばかり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中