「トイレが臭い」と夫を刺した妻 「消臭スプレー使え」「神経質すぎる」と議論が

印刷

   夫(34)を刺して逮捕された会社員の妻(29)は、トイレの使用を巡って、「臭い」などとトラブルになっていた。刺すのは悪いが、ネット上では、その言い分について議論になっている。

   この夫婦の間には、3歳になる長男がおり、子育てを巡るイザコザがあった。

  • トイレの臭いで論議に
    トイレの臭いで論議に

子育てのトラブルから夫を刺すまでに

   報道によると、東京都大田区内のマンションで2015年4月12日日曜日の昼過ぎに事件が起きた。夫が自宅のトイレから出て、入れ替わりに入った長男の頭を撫で、用を足すのを手伝おうとしたときだった。

「手を洗わずに、子供に触れるな!」

   妻が、こう声を張り上げたのだ。そこで、夫が手を洗い、再びトイレに子供を入れようとすると、今度は妻が叫んだ。

「こんな臭いトイレじゃ、子供が入れない!」

   これに切れた夫が妻と口論になり、取っ組み合いのケンカになった。そして、妻は、包丁を持ち出して来て、いきなり夫の左ほほを切りつけたのだ。夫は包丁を持っている妻の手首を押さえ、長男も「助けて!」と叫んだ。悲鳴を聞いた通行人が110番通報し、駆け付けた警視庁大森署員が、玄関で包丁を持って夫ともみ合っていた妻を殺人未遂の現行犯で逮捕した。この事件で、夫は、ほほに全治1週間のケガをした。

   調べに対し、妻は、「夫から、包丁を自分の顔に当てて『刺せよ』と言われた」「殺そうという気持ちはなかった」と容疑を否認しているという。

   2人は、日ごろから夫婦ゲンカが絶えなかった。14年1月には、ケンカして家を出た妻が「これから殺しに行く」と夫に電話してきて、夫が110番通報する騒ぎも起こしていたそうだ。

   このニュースが13日に報じられると、ネット上では、妻が包丁まで持ち出すほどになったトイレのトラブルについて、様々な声が出た。

DVの1割は夫が被害者

   妻の言い分には、同情的な声も多く、夫に対しては、「とりあえず手は洗え」「すぐ流せばそこまで臭わんだろ」「消臭スプレー使えよ」といった指摘が出た。

   男性よりも女性の方が臭いには気を遣っているという意見もあった。窓を開けるなどして臭いが消えてからトイレを出る、水を流しながら用を足して臭いが出ないようにしている、などだ。

   また、夫が普段から不潔にしているなど、積もり積もったものがあったのでは、という見方もあった。「座りション」をせずに、トイレを汚しやすい「立ちション」をしていた可能性の指摘も出ていた。

   一方、妻についても、批判的な声はあった。

「手洗わないのはダメだけどちょっと神経質すぎない?」「トイレが臭いならシューってやつ買えばいい」「育児ノイローゼなのかな」

   そもそも、夫に暴力を加えるという行為が、DVに当たるとの声があった。

   警察庁の調査によると、14年のDVは約6万件と過去最多になり、うち夫が被害者のケースがその1割を占め、4年前の7倍にも増えている。夫にも非があったとしても、手を出してしまっては元も子もない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中