ホンダが初のビジネスジェット機公開 成田など4空港で4月25日から

印刷

   ホンダの航空機事業子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」(Honda Aircraft Company、HACI)は、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット(HondaJet)」のワールドツアーを2015年4月下旬から実施する。

   ホンダ初の航空機となる同機は米国で2500時間を超える飛行試験を行い、米国連邦航空局から事前型式証明を取得しているが、日本と欧州で公開するのは初めて。日本では4月25日から5月5日まで、成田空港など4空港でデモンストレーション飛行や地上展示を行うというから、ファンは必見だ。

  • 航空機の開発・生産はホンダの悲願(画像はHondaのホームページより)
    航空機の開発・生産はホンダの悲願(画像はHondaのホームページより)

創業者の悲願だった

   ホンダジェットの今回のワールドツアーは日欧など13か国以上を訪れ、飛行距離の総計は4万8000キロを超えるという。日本では4月25日=仙台空港、26日=神戸空港、5月2、3日=岡南飛行場(岡山県)、4、5日=成田国際空港で一般公開する。

   ビジネスジェット機の主要マーケットとなる海外では、スイスのジュネーブで5月19~21日に開かれる欧州最大のビジネス航空ショー「ヨーロピアン ビジネス アビエーションコンベンション アンド エキシビション」に出展。その後、ホンダジェットの欧州ディーラーとともにスイス、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギーなどでデモンストレーション飛行やイベントを行う予定という。

   ホンダにとって航空機の開発・生産は、創業者・本田宗一郎氏の悲願で、創業から30年以上を経た1986年に航空機の研究に着手。2006年にホンダジェットで航空機市場への参入計画を発表し、米国で受注を開始した。2014年6月に量産1号機が初飛行に成功するなど、これまで順調に開発が進んできた。

   ホンダジェットはパイロットを含めて7人乗り。翼幅12.12メートル、全長12.99メートル、全高4.54メートルで、巡航速度は時速778キロ。航続距離は2185キロで、ニューヨークからシカゴ、ロンドンからローマなどへのフライトが可能になる。

チャレンジ精神の表れ

   ホンダジェットの開発責任者で、開発・製造から販売を担当する藤野道格社長は「欧州のデモンストレーション飛行でホンダジェットの速度や燃費の卓越性、欧州圏内の主要都市を結ぶのに最適な航続距離などを実際に体験していただけると期待している」とコメント。「ホンダジェットはビジネス航空機の世界に革新をもたらそうとするホンダのチャレンジ精神の表れだ。今回のワールドツアーでホンダのコーポレートスローガンである『The Power of Dreams』を体現するホンダジェットを一人でも多くの皆様に見ていただきたい」と話している。

   日本国内では三菱重工業が1965年にビジネス用双発プロペラ機「MU-2」、1984年にビジネスジェット機「MU-300」を開発。富士重工業が1966年に単発プロペラ機「FA-200 エアロスバル」、1977年にビジネス用双発プロペラ機「FA-300」を開発するなどしたが、商業的に成功とは言えなかった。

   国内の自動車メーカーで航空機を生産するのは、中島飛行機をルーツにもつ富士重工業(スバル)があるほか、三菱自動車工業は三菱重工業から独立した経緯がある。中島と三菱はいずれも第2次世界大戦中に「隼」「零戦」などの戦闘機を開発・生産した名門メーカーだが、オートバイメーカーから戦後スタートしたホンダの航空機事業参入は両社とは異なる道のりだった。名実ともに航空機メーカーとなるホンダは、ワールドツアーを通じてその独創性、技術力の高さを国内外に示すことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中