「女性の活躍推進」でライバルが増える? 40~50代の男性に危機感も

印刷

   日本生命保険は、「女性の活躍推進」に関するアンケート調査をまとめた。

   日本経済の発展のために「女性の活躍推進が重要だと思うか」との質問に対し、「大変重要・重要」と答えた人の割合は、40~50代の男性で昨年の回答より約6ポイント低下し、他の世代より重要性の認識が低いことが分かった。

  • 「女性の活躍」によって出世のライバルが増える?(画像はイメージ)
    「女性の活躍」によって出世のライバルが増える?(画像はイメージ)

昨年調査より好感度が低下

   調査は2015年3月にインターネット上で実施し、男女計8570人から回答を得た。それによると、日本経済の発展に対する女性の活躍推進については、男女・全世代の69.2%が「大変重要・重要」と答えた。ただ、昨年の同じ調査(72.4%)より3.2ポイント減少した。

   減少した要因としては、40~50代の男性の動向が大きい。「大変重要・重要」と答えたのは、30代の男性で65.3%(昨年は66.3%)、60代以上の男性で78.1%(同78.5%)と微減ながらほぼ横ばいだった。これに対し、40代の男性は65.2%で、昨年(同71.3%)より6.1ポイント、50代の男性も70.7%で、昨年(同76.6%)より5.9ポイント、それぞれ下がった。

   こうした現象について、ニッセイ基礎研究所の松浦民恵・主任研究員は「ポストを巡る競争が激しくなるなど、女性の活躍推進によって具体的な影響を受ける年代で低下傾向にある」と分析する。社内の重要なポストを得る年代になった働き盛りの男性たちが、「女性の活躍」によって出世のライバルが増えるなど悪影響を受けかねないとの危機感を抱いていることが背景にあるようだ。

若い世代ほど期待感が低い

   一方、「今後、職場などで女性の活躍が進むと思うか」との質問に対し、「大いに進む・少しずつ進む」と回答したのは、50代男性で80.3%(昨年は85.7%)、60代以上の男性で83.5%(同88.2%)と、やや減少したといっても8割を維持している。これに対し、30代男性では69.2%(同78.3%)、20代以下の男性では68.8%(同78.0%)と大きく低下して7割を切っており、若い世代ほど期待感が低いことも分かった。

   安倍政権は、アベノミクスの成長戦略の柱の一つとして「女性の活躍」をあげ、2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にするという目標を掲げている。しかし、厚生労働省が公表した2013年度の雇用均等基本調査によると、管理職(課長相当職以上)全体に占める女性の割合はわずか6.6%。政府の目標達成に向け、企業は今後、さらなる女性登用を迫られるのは必至だ。

   しかし、実際の現場では男性の抵抗感や理解の乏しさという大きな壁があることが今回の調査で浮き彫りになった形。男性の意識が変わらない限り、「女性の活躍」も掛け声倒れに終わりかねないと言えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中