大幸薬品が「正露丸」のラッパのメロディを商標登録へ 日本企業が「音」や「色彩」にこだわり始めた理由

印刷

   胃腸薬「正露丸」で知られる大幸薬品が2015年4月1日、CMで使用している「パッパラパッパ パッパラパッパ パーラパッパ パッパッパ 」というラッパのメロディの商標登録を特許庁に出願した。

   香港では2004年に登録しており、日本は2番目の出願になるという。

  • 音や色彩には言葉の壁を超えた宣伝効果がある
    音や色彩には言葉の壁を超えた宣伝効果がある

1951年から鳴り続ける

   今回の出願は、企業のブランド戦略を後押ししようと4月1日に改正商標法が施行され、文字や図形などに加えて新たに5タイプが登録できるようになったからだ。

   特許庁によると、追加されたのは(1)「音」(聴覚で認識される音楽や音声など)、(2)「動き」(変化する文字や図形など)、(3)「ホログラム」(見る角度で変化して見える文字や図形など)、(4)「色彩」(単色か複数の色彩の組み合わせのみからなる商標)、(5)「位置」(文字や図形などの標章を商品などに付す位置が特定される商標)――の5タイプ。登録が認められれば大幸薬品はメロディを独占的に使用できるようになる。ちなみに、トレードマークのラッパのマークについては既に登録されている。

   ラッパのメロディは1951年のラジオCMから使われるようになったという。ラッパのマークにちなみ、兵士に食事の時間を知らせる食事ラッパの音色をモチーフにしており、2014年にはトランペットによる演奏と趣を変え、歌手の森高千里さんが歌う歌詞付きも登場。正露丸のブランドイメージを伝えるには「なくてはならないメロディとなっている」(大幸薬品)という。

「早い者勝ち」のルール

   商標には早く出願した人に権利が与えられる「早い者勝ち」のルールがある。だれでも出願でき、商標を先取りして販売するケースもあり、権利を守るにはできるだけ早く出願するのが鉄則だ。大幸薬品も「音商標によるブランドイメージの保護のため」に改正商標法施行日の4月1日に出願した。この素早い出願は権利を奪われないためには当然であり、こうした意識の高い企業による5タイプの出願は4月1日だけで481件に上り、このうち音は151件、色彩が192件だった。

   一方、海外には日本に先んじて音や色彩などを商標として認めている国が多くあり、日本企業が海外で出願する動きも活発化している。

   例えば、久光製薬はCMで使っている「ヒ・サ・ミ・ツ」というメロディを米国などで登録済み。これは音や色彩には言葉の壁を超えた宣伝効果が見込め、「ブランディングツールとして用いられるケースが増えた」(大幸薬品)からだ。

   これから国内外での音商標などの取得が進めば、世界的なブランド戦略の展開も容易になるとみられる。しかし、一方で、他社の商標権を侵害していないかどうかのチェックも一層厳格に行わねばならなくなり、商標を巡る企業間のトラブルが増える可能性も指摘されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中