福島瑞穂の「戦争法案」発言 自民党が訂正要求 福島氏は「言葉狩り」と反発

印刷

   社民党・福島瑞穂副党首が2015年4月1日の参院予算委員会で安倍政権の安全保障関連法案を「戦争法案」と述べ、自民党が発言撤回や議事録修正を求めている。一方、社民党の吉田忠智党首は20日、記者会見で「(発言に)何ら問題は無い」などと反発した。

   1日の予算委で岸宏一委員長(自民)が発言を「不適切」として問題視、理事会で扱いを協議していた。これに関し自民党理事は17日、福島氏を訪ねて発言取り消しと修正を求めたが、福島氏は応じなかった。

   20日付け時事通信電子版によると、福島氏は「これまで同じ言葉を使って一度も問題にされたことはなかった。言葉狩りだ」と自民党の要求に反発。共産党・山下芳生書記局長も「戦争立法の本質を(福島氏に)ズバッと突かれたことに対し、(自民側は)痛かったのではないか」と記者会見で語ったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中