「宇宙人」鳩山元首相、UFOの存在「半分信じる」 「女房は連れて行かれてました。金星だって」

印刷

   鳩山由紀夫元首相(68)は2015年4月22日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、安倍内閣が戦後70年の節目に発表を予定している談話について、「結果として緊張感を与えてしまうものになる」と懸念を示した。

   鳩山氏は1995年の村山談話や2005年の小泉談話に盛り込まれた「植民地支配」「侵略」といった「キーワード」を盛り込むように強く求め、それが盛り込まれないのであれば談話を「出さない方がいい」とまで述べた。

   政界の常識から外れた行動から「宇宙人」とも揶揄される鳩山氏だが、会見終了後、UFO(未確認飛行物体)の存在について「半分信じる」とも明かした。

  • 日本外国特派員協会で会見する鳩山由紀夫元首相
    日本外国特派員協会で会見する鳩山由紀夫元首相

米国や西欧も安倍首相の「本音」分かっている

   70年談話をめぐっては、政府は村山談話と小泉談話の内容を「全体として引き継ぐ」と繰り返している。だが、いわゆる「キーワード」については、安倍首相は2015年4月20日夜に出演した報道番組の中で、

「同じ言葉を入れるのであれば、談話を出す必要はないじゃないですか」
「(歴代談話を)引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要は私はないと思う」

と否定的な発言をしている。

   鳩山氏は、70年談話について、

「大変東アジアの方々に対して結果として緊張感を与えてしまうものになるのではないかと心配している」

と指摘。その理由を、安倍首相の「キーワード」を盛り込みたくないという本音が世界中に伝わり、大きな問題が起こるなどと説明した。

「中国や韓国だけでなく、米国や西欧の国々も、安倍総理の本音というものが分かっている。それだけに、私はもし植民地支配、あるいは侵略戦争という言葉が隠されてしまうと、これは大変に大きな問題になる。すなわち、『言いたくないから、別の言葉を使った』ということになり、大変な問題を引き起こすことになるので、私は、この安倍総理の本音が世界の人々に分かっているだけに、しっかりとしたメッセージを、すなわち植民地支配、侵略戦争という言葉を用いて、しっかりとしたお詫びをする気持ちを心に込めて申す必要があると思う」

   安倍首相の本音を引っ込めてでも「キーワード」を盛り込むように求めた形で、盛り込まれなければ談話を出すべきでないと主張した。

「もしそのような明確な言葉をお使いになりたくなければ、70年談話を出されない方がいいと思う」

「半分信じてるんですけど、半分分かんないです、まだ」

   また、沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)については

「1972年、田中角栄総理と周恩来首相との間で非公式ではあったかも知れないが、2人の間で交わされた言葉の中に、実質的な領土棚上げということが交わされたと理解している」

などと改めて持論を展開した。日本政府は、「棚上げ」合意の存在を否定している。

   自らの首相辞任のきっかけになった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題については、改めて辺野古沖(同名護市)への移転に反対する考えで、「普天間を閉じた後、その普天間の代替の基地を作る必要があるのかないのかというところを含めて」検討する必要があると述べた。

   鳩山氏は「宇宙人」の異名でも知られており、UFOとの親和性も高そうだ。鳩山氏は会見終了後、J-CASTニュース記者に対して

「半分信じてるんですけど、半分分かんないです、まだ。女房は完全に信じてますね」

と存在に期待を寄せていた。妻の幸(みゆき)さん(71)は、08年に出版された著書で「魂がUFOに乗って金星に行ってきた」などと書いたことが波紋を広げた。この点についても、鳩山氏は、

「女房は連れて行かれてました。金星だって。どこの金星だか分からないんですけども」

と笑いながら話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中