「自殺しろ」「死ね」、メール1日200件以上 加トちゃん妻が受けた壮絶バッシング

印刷

   加藤茶さん(72)の妻、加藤綾菜さん(27)が2015年4月22日放送のドキュメンタリー番組「NONFIX」(フジテレビ系)で結婚後の壮絶なバッシングについて打ち明けた。

「その日から生活がすべて変わりました。1日200件以上の嫌がらせメールや、自宅へのイタズラ電話。ターゲットは加トちゃんではなく、全部私だった」
  • ブログでも仲の良い夫婦写真を度々掲載している(画像は加藤茶さん公式ブログのスクリーンショット)
    ブログでも仲の良い夫婦写真を度々掲載している(画像は加藤茶さん公式ブログのスクリーンショット)

「吐いたりしていました」「精神的におかしく」

   番組中、綾菜さんは結婚後に受けた嫌がらせについてこう告白した。メールには「死ね」「自殺しろ」といった過激な言葉が書かれていたことも少なくなかったという。また、過去にはバットで自転車を壊されたこともあったそうだ。

   2人は2011年に結婚。「45歳差婚」として話題になり、バラエティ番組やブログでは夫婦円満な様子を見せていた。しかし「財産目当て」「保険金狙い」などと勘繰る声も相次いでいた。

   顔の見えない大勢の人々から誹謗中傷を受けるストレスは相当なものだろう。綾菜さんは「その時は、吐いたりしていました」と明かした。なお、1月5日放送の「ノンストップ」(フジテレビ系)では「半年くらいで精神的におかしくなった」とも語っていた。

   こうした状況に、加藤さんも胸を痛めていたようだ。

「こういう商売していると色々言われるのはしょうがない。俺はいくらでもテレビで色々言えるけど、かみさんは言えないから、夫としてなんて言ってあげようってすごい悩んだ」

   しかしその後、綾菜さんは「今の2人の幸せな日々をどうやって続けていくか」が重要であると考えるようになり、「周りがどう思うかを気にするのはやめよう」と思い至った。嫌がらせは結婚4年目の現在も続いているとのことだが、今では「何とも思わない」そうで、毎日を前向きに過ごしている。

   加藤さんもバッシングを乗り越えてくれた綾菜さんに対し「彼女もよく俺についてきてくれたなって思います。彼女の方が俺を引っ張ったのかな」と感謝した。

「導いてあげてる」「どこに?」「天国に(笑)」

   なお、番組では、週刊誌やネットで指摘されてきた加藤さんの健康不安説の真相にも迫った。

   加藤さんは14年6月放送の旅番組に出演した際、ろれつが回らずロボットのように歩く様子が視聴者を驚かせた。これについては以前、別の番組で「薬の飲み合わせの影響で前夜から前身けいれんを起こしていた」と説明していたが、今回は主治医まで番組に登場。単なる「胃薬の副作用」だったと説明し、改めて重病説を否定した。

   ザ・ドリフターズのメンバーも、

「70歳の人間に対して昔の反応しろっていったって無理な話」(高木ブーさん)
「ドリフの人たちはみんな、ちょっと調子が悪いって言っても自力で回復する方。(加藤さんの体調は)僕自身はどんなに心配してなかったね」(仲本工事さん)

とコメント。番組の最後には、加藤さんがカメラ目線で、

「皆さんが言っているほど加藤茶はやわじゃありません。元気ですよ。まだまだこれからも大いに笑ってもらいます。やりますからね。加トちゃんぺ!」

と自ら元気であることをアピールした。

   だが、加藤さんは21日に綾菜さんと出席したイベントで「去年は本当に調子が悪かったんですよ」と話し、入退院を繰り返していたとも明かした。本人が健康だと言い張っても、06年の大手術や72歳という年齢を考えればファンは心配せずにはいられないだろう。

   番組では、2人が竹富島の砂浜を歩きながらこんな会話をするシーンが流れた。

(綾)「手つないで行こ」
(加)「つなぐの?」
(綾)「当たり前じゃん、導いてあげとるんじゃけん」
(加)「どこに?」
(綾)「天国に(笑)」
(加)「そのうち嫌でも行くよ」
(綾)「綾も一緒に行くから」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中