本庄第一高校、男子サッカー監督を解雇 「集団万引き」は約30万円相当

印刷

   男子サッカー部員の集団万引きが発覚した本庄第一高校(埼玉県本庄市)が2015年4月24日、生徒29人を無期停学以上の処分とし、同部監督の教諭(48)を懲戒解雇、コーチで引率の教諭(32)を停職1か月にしたと発表した。

   生徒らは3月、韓国遠征の際に、ソウルの大型ショッピングモールで集団万引きを行った。盗品はあわせて78点(約30万円相当)にのぼるという。また同校は23日、公式サイトに謝罪文を掲載。万引き発覚当初に、同校ホームページが閲覧不能になっていたことについては、

「アクセス集中と掲載された生徒の写真等の流出を防止するため、閉鎖させていただいておりました。この件に関しても、大勢の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしましたことを重ねてお詫び申し上げます」

と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中