ネパールでM7.8の地震 日本政府が援助隊の現地派遣決定

印刷

   ネパール中部で2015年4月25日、マグニチュード(M)7.8の地震があり、ネパールからインド、バングラデシュ、中国にかけての広い範囲で揺れが観測された。

   震源は首都カトマンズの北西80キロ付近とみられる。多くの住宅や建造物が倒壊したカトマンズでは、軍による救出活動が続いている。報道によると、現時点で日本人の被害情報はないものの、通信状況の悪化等で、確認が難航しているという。インドなど近隣国も合わせると、犠牲者はこれまでに1800人以上にのぼる。エベレスト周辺では地震による雪崩でこれまでに18人が死亡したという。

   アメリカや中国など世界各国が支援に動き出している。日本政府も26日、警察・消防、外務省職員やJICA(国際協力機構)隊員らでなる国際緊急援助隊70人のネパール派遣を発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中