「俺が大麻解禁の人柱になる」 ツイッターで有名「大麻おじさん」、ついに逮捕

印刷

   近畿厚生局麻薬取締部は2015年3月9日、自宅に大麻を所持したとして大阪市城東区に住む無職の男(39)を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。4月27日、共同通信電子版、産経新聞電子版などが報じた。

   男はツイッターで「大麻おじさん」を名乗り、「パクられた(逮捕された)としてもやめない」「俺が大麻解禁の人柱になる」などと書き込んでいたという。さらに、大麻草と見られる植物を栽培したり、乾燥大麻を吸引したりするような様子を写真や動画で投稿していた。

   報道によると、3月9日、取締部が書き込みをもとに男の住む自宅マンションを捜索。 鉢に植えられた大麻草約140株、乾燥大麻約1キロ、液体大麻約1グラムが押収されたという。

   大阪地検は3月30日、大麻取締法違反(所持)罪で男を起訴。同取締部は4月27日までに男を同法違反(栽培)、覚醒剤約1グラムを所持していたとする覚せい剤取締法違反(所持、使用)容疑で追送検した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中