きゃりー、ローラら芸能人が続々挑戦 シュールでそっくりなアバター作れる「My Idol」が大流行

印刷

   中国生まれのアプリ「My Idol(マイアイドル)」(中国語名:小偶)が大流行している。顔を撮影するだけで自身の分身となる「アバター」を簡単に作成できるサービスで、完成度の高さやシュールな動きが話題となり、韓国や米国などでも広まっているという。

   2015年4月に入ってからは日本の芸能人たちも続々と挑戦し始めた。ツイッターやインスタグラムに完成したアバターの画像や動画を投稿、注目を集めている。

  • レディー・ガガさんもインスタグラムに動画をアップ(画像はインスタグラム画面のスクリーンショット/ユーザー情報部分は編集部が加工)
    レディー・ガガさんもインスタグラムに動画をアップ(画像はインスタグラム画面のスクリーンショット/ユーザー情報部分は編集部が加工)
  • 「My Idol」利用画面(アバターはサンプル)
    「My Idol」利用画面(アバターはサンプル)

なめらかな動きでポールダンスにモデル歩き...

   使い方はシンプルだ。自身の顔を撮影すると、アプリ上で自動的にスキャンされ、自分とそっくりのオリジナル3Dアバターができあがる。肌の色や髪型、目の色などを選び、洋服やメガネなどのパーツでドレスアップさせれば完成だ。妙にリアルな顔と4等身にも満たない「キャラクター体型」とのギャップが何とも面白い。

   アプリでは、ポーズ別の静止画やシーンに合わせた絵文字風画像、ユニークな動画がバリエーション豊富に用意されている。

   特に「シュール」と話題なのが動画機能。ミュージックビデオ風のもの、ランウェイをモデル歩きするもの、セクシーなポールダンスを披露するものなど約30種があり、アバターはここで実になめらかな動きを見せてくれる。なお、動画には音声を入れたり、文字を入れたりすることも可能だ。

   アプリがリリースされて以降、中国国外でも大きなブームとなった。友人や好きな有名人のアバターを作る人もいて、インスタグラムの「#myidol」のタグには、147万件以上の画像や動画が集まっている(4月28日時点)。

   言語対応していない日本でも15年4月ごろから話題になり、芸能人が続々参加したこともあって、ブームに拍車がかかっている。

きゃりーもパンダの着ぐるみを着たアバター画像

   モデルでタレントのローラさんは23日、そっくりなアバターがポールダンスする動画をインスタグラムに投稿。合わせて、男装したバイク乗り風の動画も投稿し、笑いを誘った。

   モデルの水原希子さんもすっかりはまっているようで、すでに2つの動画をインスタグラムに投稿。「Love this app(このアプリ好き)」と紹介している。

   26日には歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも「似てる?」として、パンダの着ぐるみを着たアバター画像をツイッターに投稿。「似てる!かわいーw」「ちょっとこわい」「似すぎてびっくりした」などとファンがコメントを寄せている。

   他にも歌手の木村カエラさんや、AKB48の島崎遥香さんらがSNS上で自身のアバターを公開している。

   なお、25日には「世界の歌姫」レディー・ガガさんも自身のインスタグラムにアバター動画を投稿した。これには各国のファンが興味津々。28日時点で20万件近い「いいね!」が付いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中