武田薬品、上場来初の赤字に 15年3月期 米糖尿病薬訴訟で和解金3200億円を計上

印刷

   武田薬品工業は、米国における2型糖尿病治療剤「アクトス」の発がんリスクをめぐる製造物責任訴訟で、すべての原告団と和解に向けて合意したと2015年4月29日に発表した。和解金は最大24億ドル(約2880億円)にのぼり、関連費用の引当金として27億ドル(約3241億円)を2015年3月期決算に計上。そのため、1949年の上場以来、初めての赤字となる。

   この和解は、原告の95%が受け入れを選択すれば有効となり、その場合には23億7000万ドルを和解基金に、また97%以上が受け入れた場合には24億ドルを和解基金に支払うことになる。現在、製造物責任訴訟は約9000件にのぼっている。

   武田薬品は「法的責任を認めるものではない」としたうえで、財務上の不確実性が低減されることなどから、和解を選んだとしている。

   和解金や関連費用などを計上するため、2015年3月期の連結営業損益は1700億円の黒字から1300億円の赤字へ、最終損益は1600億円の黒字から1450億円の赤字へと修正。ただ、年間180円の配当については変更しない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中