テレ朝名物プロデューサーの不倫・離婚報道 妻が認める

印刷

   2015年4月30日発売の女性週刊誌「女性セブン」が報じたテレビ朝日プロデューサー、加地倫三氏(46)の不倫・離婚問題について、加地氏の妻が同日、代理人弁護士を通じて報道各社にファクスを送付し、記事内容が事実であることを認めた。

   加地氏は人気バラエティ番組「アメトーーク」「ロンドンハーツ」を手がけたことで知られる名物プロデューサー。「女性セブン」では、加地氏が同局の30代後半の女性プロデューサーと10年ほど前から不倫交際しており、現在は離婚裁判の準備をしているなどと報じていた。

   これを受け、妻の代理人弁護士は「記事掲載により今回の離婚問題が公になったことは不本意ではありますが、記事の内容については事実です」と報道内容を認めた。

   今後は加地氏が離婚訴訟を提起する見込みだといい、その上で「父の帰りを待つ幼い子供達のためにも、倫三氏が同僚の女性プロデューサーとの不倫関係を早期に解消することを切に願っております」とした。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中