「ピッチにいても、誰も気づかない存在」 不振の本田圭佑、代表落ちもささやかれる

印刷

   サッカー日本代表、本田圭佑選手が窮地に立たされている。所属するイタリア1部リーグ(セリエA)・ACミランで精彩を欠き、放出説まで流れ始めた。

   不振が続けば、「ゼロからのスタート」がうたわれている日本代表の椅子も、決して安泰とは言えなくなる。

  • ACミランでの不振が日本代表入りに影響する恐れも(写真:Enrico Calderoni/アフロ)
    ACミランでの不振が日本代表入りに影響する恐れも(写真:Enrico Calderoni/アフロ)

チームが機能しないと実力を十分発揮できない

   ミランで5戦ぶりに先発出場を果たした2015年4月29日、本田選手は見せ場をつくれず途中交代となった。チームも敗れ、ファンはブーイングを浴びせたという。地元紙も、さえない本田選手のプレーを酷評し「彼もいたが、誰も気づかなかった」と書かれる始末だ。

   2014年8月31日の開幕戦でゴールを決めて以降、7試合で6得点と絶好調だったが、その後は無得点。躍動しない「背番号10」にファンも業を煮やす。2015年に入ってからはフル出場するゲーム数が徐々に減り、4月初めには足首捻挫で離脱。今回の復帰戦は、沈滞ムード漂うチームの起爆剤と期待されていただけに周囲の落胆も大きかっただろう。

   代表の試合でも、結果はいまひとつだ。象徴的だったのが、2015年1月のアジア杯。ベスト8で対戦したUAE(アラブ首長国連邦)との試合はPK戦にもつれ込み、1人目に登場した本田選手が蹴ったボールはゴールのはるか上に飛んでいった。最終的に日本はまさかの敗戦で、アジア杯連覇の夢は破れた。この大会中、「審判を批判した」としてアジア・サッカー連盟(AFC)から罰金を科せられるという「おまけ」までついてしまった。

   「代表も『戦力外』危機」(日刊ゲンダイ)、「代表でもサブ降格か」(東京スポーツ)――。調子の波に乗れない本田選手に、マスコミも騒がしくなってきた。専門家はどう見るのか。「フットボールレフェリージャーナル」を運営するサッカージャーナリスト、石井紘人氏は「代表戦を見る限り、決して動きは悪くなかった」と話す。ミランで輝けないのは、チーム状態のひどさが原因だとみる。本田選手の場合、卓越したドリブルや人並み外れた上背といった「武器」があるわけではなく、ピッチ上でチームメートと連携を取りながら好プレーにつなげるタイプだ。メッシ選手やロナウド選手のように、1人で突破口を切り開く選手ではないので、チームとして機能していないと自身の実力を十分に発揮できないと指摘する。バラバラなミランの「巻き添え」となっているとも言える。

試合に出られなければ代表入りへのアピールにならない

   一方で石井氏は、本田選手がリーグ戦序盤でゴールを量産したため、ライバルチームのマークが厳しくなり「プレーが読まれるようになった」とも話す。本田選手自身、相手を越えるための有効な対策を得られず、壁にぶつかっているようだ。

   日本代表のハリルホジッチ監督は、特定の選手を特別扱いしない。また欧州リーグに所属する日本人選手には、所属チームで定位置を確保するよう厳命している。だが現状では、ミランで本田選手が再び先発メンバーに定着するのは難しそうだ、と石井氏。チーム事情が大きく影響しているとはいえ、試合に出られなければ代表入りへのアピールにならない。ハリルホジッチ監督が即座に「本田外し」に乗り出すとは考えにくいが、現状が打開できなければまさかの「落選」が現実になるかもしれない。

   こうなると、ミランから他チームへの移籍もあながち絵空事ではなさそうだ。活躍できていない以上、対象は「格下」のリーグかチームが現実的だろうと石井氏は話す。名門ミランの「10番」を背負うまで順調に階段を上ってきた本田選手にとっては屈辱かもしれない。それでも、出場機会を得るため、一度「後退」しても再び活躍してジャンプアップするため、ミランを出る選択肢は考えられるというわけだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中