「浮気できるぐらい元気になってね」 闘病中の今井雅之支える妻にエール広がる

印刷

   「浮気できるぐらい元気になってね」。大腸がんを公表した、俳優の今井雅之さん(54)は妻から冗談っぽく言われたという。

   闘病する夫を支える妻に、ネットでは「寄り添う奥さんの言葉があたたかい」「奥さんにもエールを送りたい」と励ましの声が投稿されている。

  • 今井さんのブログには妻へのエールも寄せられている
    今井さんのブログには妻へのエールも寄せられている

今井さんからは弱気な発言も出ていた

   2015年4月30日、大腸がんであることを会見で告白した今井さんは妻について、こう述べた。

「妻が一番つらいんじゃないかと思います。冗談ですけど『早く浮気できるぐらいに元気になってね』って」

   嗚咽している時に妻から涙ながらに言われ、「(自分が)情けないな、と・・・」と感じたという。

   今井さんはこれまでがんであることを公にしていなかった。15年2月、原作、脚本、主演を務める舞台「THE WINDS OF GOD」の制作発表会では腸閉塞(へいそく)だと説明していた。

   その理由を「あの時は絶対、舞台に立てると思っていた」と説明する。しかし会見では弱気な部分を見せ、

「絶対舞台に立てると思ってリハビリしてきたけど、病には勝てなかった」
「好きな言葉は『夢はかなう、想い強ければ』。・・・想いが弱かったんでしょうね。どっかで甘えてたんかな?」

といい、安楽死まで考えていたと明かしている。

   そんな今井さんを支えたのは、妻の存在だろう。14年11月に大腸がんが判明し、医師から家族には「余命あと何日」「クリスマスまでもたない」と説明されていた。それでも前述のように明るく励まし続けてきた。

「奥さんにもエールを送りたい」

   女性自身によると、妻は今井さんの1歳年上で20代前半のころに出会った。売れない俳優時代を働きながら支え続けていたという。「THE WINDS OF GOD」が文化庁芸術祭賞に輝き、海外公演を行った91年に、都内で結婚式を挙げた。

   今井さんのブログのコメント欄や、ツイッターなどネットでは、夫を支える妻にエールが送られている。

「私はすてきな奥さんだと思った」
「看病や付き添いなど大変だと思いますが、どうかお体には気をつけて下さいね」
「奥さんにもエールを送りたい」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中