「ネパール大地震の被災者にドローンで物資を」 報ステ・古舘キャスターの提案は実現可能なのか

印刷

   テレ朝系「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスターが、ネパール大地震の被災者にドローンで物資を届けるべきだと番組内で提案して、論議になっている。「そんなに荷物運べない」などと疑問の声が多いが、実際に可能性はあるものなのか。

   古舘氏の発言が出たのは、2015年4月29日夜放送の報道ステーションで、救援物資がほとんど届かないネパールの村の惨状を伝えたときだった。

  • 提案がネット論議に
    提案がネット論議に

「ドローンってそんなに荷物運べないでしょ」

   現地の映像紹介の後、古舘氏は、水も食料も薬も足りておらず、夜には冷え込んで雨が降るのにテントも足りないとして、この村の現状を憂慮した。そのうえで、「そんな簡単じゃないって言われるの、分かってるんですけど」と断ったうえで、次のように訴えた。

「やっぱり国際社会がここ1つになり、ドローンをこうね、大量にできるだけ用意して、まずは物資をこう上からということでもまずやらないと、本当に命を失う人が多く、さらに出るような気がしてならないんですけどね」

   この発言を補足して、小川彩佳アナも「こういうときこそ、最新の技術を活用してというところですよね」と相槌を打っていた。

   古舘氏の発言が一部で報じられると、ネット上では、ドローンで救援活動をすることについて異論が相次いだ。「可能性を検討するのはよいと思うなあ」といった声もあったものの、多くは疑問や批判の書き込みだ。

「ドローンってそんなに荷物運べないでしょ」「ヘリでいいのに何考えてんの」「ドローンって言いたいだけちゃうんか」

   ドローンを中国から輸入・販売しているジーフォースでも、現段階では救援活動に向いていないとの見方を示した。

「ドローンは、大きなものなら、数キロから15キロは飛びます。しかし、水や食料を運ぶとしたら、カメラやセンサー、GPSなどを外さないとそこまで飛ばすのは難しいでしょう。コントローラーから手動で飛ばすことになり、そもそも遠くには行けません。ヘリや軍用機からパラシュートで物資を届ける方が効率よくできると思います」

ティッシュペーパーの箱を運ぶなら可能か

   電気が使えない被災地では、太陽電池を積むなどの方法も考えられるが、物資を運ぶため大きなバッテリーになり、家庭用電源から充電しないと難しいという。また、墜落して人に当たるなど2次災害のリスクもあると指摘する。

   もっとも、ティッシュペーパーの箱を運ぶなど、軽い物資ならドローンでも救援活動に使えるかもしれないと言っている。

   米アマゾンやグーグルでは、商品をドローンで配達する方針だと報じられおり、テストを繰り返しているようだ。現状では、被災地に物資を運ぶのは難しいとしても、近い将来には実現するのだろうか。

   実際、救援活動のテストをしている企業はあり、米3Dロボティックスは、自社のドローンを使って、シリアの子供たちのために食料や医薬品をトルコから届ける試験飛行を行っている。日本の輸入代理店をしているJapan Dronesでは、取材に対し、こう説明する。

「大きめのドローンを使い、コンピュータの設備を強化して、1キロぐらいの物資を運ぶプロジェクトを進めています。これで、ゲリラ活動などがあって陸地からは行けないところにも行くことができます。プロジェクトは、アメリカ在住のシリア人が立ち上げたNGOと協力してやっています。災害のときも、建物が倒壊したところの先などにいる被災者に物資を届けるのに使えるかもしれません」

   バッテリーの問題については、ドローンとともに、段ボールに電池を大量に積んで被災地に届けることはできるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中