スタバ鳥取進出は5月23日 「空白県」がついに解消

印刷

   スターバックスコーヒージャパン(東京)が2015年5月23日に鳥取県に初出店する。都道府県で唯一店舗がなかった鳥取への出店により、日本進出20年目にして「スタバ空白地」は消えることになる。

   スタバは1996年8月に東京・銀座で日本1号店をオープン。2015年4月末時点で店舗数は約1000店を超えている。

  • 日本進出20年目にして「スタバ空白地」なくなる
    日本進出20年目にして「スタバ空白地」なくなる

鳥取駅の南側に

   同社は2014年9月の時点で、鳥取県への出店を2015年夏と発表していた。同県1号店は予定通りに「スターバックス シャミネ鳥取店」として、JR鳥取駅の南側に開業する。店舗面積は約165平方メートルで、27台が止められる駐車場も併設。「地域コミュニティとのつながりを大切にしたい」(同社)との理由で、建材の一部に鳥取県産の木材を使う。座席は店内51席、テラス20席の計71席で、営業時間は午前7時~午後11時になるという。

   山陰地方初となるドライブスルーも設置されるとあって、同社は「ショッピングの合間や通勤通学の途中など時間帯を問わず、さまざまなシーンで幅広い年齢層にご利用いただける」と説明する。

   鳥取出店を記念し、オープン初日から県を象徴する松葉ガニや二十世紀梨、ラクダ、県鳥のオシドリなどがデザインされた「鳥取タンブラー12oz(350ミリリットル)」(税別1330円)とマグカップの「鳥取マグ(400ミリリットル)」(同1140円)を限定発売する。オープン前の5月9日にはコーヒーが無料で楽しめる記念イベントも開催する予定だ。

先に「すなば珈琲」がオープン

   スタバを巡っては平井伸治知事が鳥取砂丘にひっかけ、「スタバはないけど日本一のスナバ(砂場)はある」と発言。このダジャレがネット上で話題となり、「全国で唯一スタバがない県」として有名になった。

   スタバ空白県を逆手に取ったような知事発言が県のPRにつながったほか、2014年4月には地元企業が、発言をきっかけに「すなば珈琲」をオープンさせて注目を浴びた。

   スタバのオープン日決定に対し、ネット上では「ついに来る」「何人並ぶのか。きっと大行列だな」「いよいよ!」「行きたい」「マグが欲しい」などと歓迎と期待の声があがっている。その半面、「今さらいらん」「ないことが逆に誇りだったのに」「すなば珈琲の立場は?」など否定的なコメントも少なくない。

   ダジャレで県をPRしてきた平井知事は「わがスナバ県は永久に不滅であり、スナバの看板は降ろさない」とコメントした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中