業績悪化のマクドナルド、世界の直営3500か店を売却へ

印刷

   業績悪化に苦しむ、世界最大手のハンバーガーチェーンの米マクドナルドは、組織の再編や直営店の削減を柱とする経営再建計画を、2015年5月4日に発表した。スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)は、世界市場の管理体制を、米国市場とリード市場(英独仏など5か国)、高成長市場(中国、韓国、ロシアなど8か国)、基盤市場(その他の国々)の4つのグループに分けて、それぞれの市場に新たな責任者を任命する。

   そのうえで、世界店舗数の1割弱にあたる3500か店の直営店をフランチャイズの経営者らに売却。フランチャイズの割合を2018年までに、現在の81%から約90%に引き上げる。一連の改革で、約3億ドルのコストを削減するという。

   マクドナルドは消費者の健康志向の高まりや中国産鶏肉の品質問題などを受けて、2014年12月通期決算で減収減益に陥っていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中