壇蜜が「憲法9条バッジ」付けてTV出演 彼女は本当に「護憲派」だったのか

印刷

   女優の壇蜜さん(34)が「憲法9条」をイメージしたと思われるバッジを付けてテレビ出演したため、「改憲派」と思われる人から「左翼の活動家だったのか」「失望した」などとバッシングを受けている。

   このバッジの「正体」とは。そして壇蜜さんは本当に「護憲派」なのだろうか。

  • バッジの「正体」とは
    バッジの「正体」とは

「ブルーリボンは付けないけど9条バッジは付けるんだ」

   壇蜜さんが出演したのは2015年5月3日放送のTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」。

   左胸の目立つ場所に、白い線で数字の「9」と読める模様が描かれている黒色の丸いバッジを付けていた。テレビカメラが何度も胸の部分を大写しにしたため、気になった視聴者が多くいた。

   ネットではこのバッジは何なのか、という調べが始まり、憲法9条とピースマークをモチーフに作られたものだという結論が出た。この日は憲法記念日。壇蜜さんは憲法9条を守ろうと主張しているのだろう、などといった憶測が飛び、憲法9条改正派と思われる人から、

「ブルーリボンは付けないけど9条バッジは付けるんだ」
「9条信者って胡散臭さに拍車を掛けていいとこ無しじゃない」
「香ばしい人だったのねこの人。美人さんなだけにちょっと残念」

などと攻撃されることになった。また、話題作りのためのあざとい仕掛けではといった穿った見方も出た。

   実はこのバッジは非売品で、同じ模様が描かれているTシャツ類などは販売されている。あるアパレルメーカーが制作した。バッジは展示会開催を知らせるダイレクトメール(DM)に同封したノベルティーだった。政治的な意味合いが強いという訳ではないという。

バッジはスタイリストが用意した服に付いていただけ

   アパレルメーカーの担当者は壇蜜さんがテレビ番組でバッジを付けたことを知っていて、

「うちと壇蜜さんに付き合いがあるとは聞いておりませんので驚いております。おそらく、DMを受け取ったスタイリストさんがコーディネートしたのではないか、と見ています」

と推察している。壇蜜さんがテレビでバッジを付けた事がきっかけで大人気になり、どこで売っているのか、などといった問い合わせが殺到しているそうだ。しかし、あくまでノベルティーとして作ったものなので、販売する予定はないという。

   それでは本当のところはどうなのか、所属事務所のフィットワンに聞いてみたところ、

「スタイリストが用意した服に付いていただけで、ネット上で騒がれているようなことは特にありません」

と明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中