マキタスポーツ、「文学界」で小説連載スタート

印刷

   俳優やミュージシャンとしても活動しているお笑い芸人のマキタスポーツさん(45)が2015年5月7日、月刊文芸誌「文学界」(文芸春秋)で小説の連載を開始したことをブログで報告した。小説のタイトルは「雌伏三十年」。本名の槙田雄司で執筆している。

   マキタさんはブログに6月号表紙写真を添え、

「雌伏って難しい言葉ですね。『じっと世に出る機会を待つ』みたいな意味でしょうか。内容はそんな感じになると思います。でも、私小説を装ったフィクションです」

と紹介した。

   「文学界」といえば15年1月、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが初の純文学小説「火花」を発表し、話題になったばかりだ。「火花」を掲載した2月号は発売初日から各店で売り切れが相次ぎ、発行部数は史上最高となる4万部となった。

   マキタさんは「小説は今、又吉くんとかが話題だし、たまたま同じ文学界から出すので、なんかネタ被り感があるけど」と又吉さんを引き合いに出しつつ、「でも、要はどうして小説を書いたのかって動機が重要だと思ってる」と綴った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中