妻さくら氏、社団法人に2億円の放棄要求 宙に浮く、たかじん「生きてきた証企画」

印刷

   やしきたかじんさんが理事長を務めていた一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」は、これまでの説明から一転し、妻さくら氏から2億円の「遺贈を放棄して欲しい」と申し出があったと発表した。また両者の間で行われた協議について、合意にいたらなかったことを明らかにした。

   たかじんさんが大阪の活性化を期待して遺贈した2億円だったが、「自分が生きてきた証」と願いを込めたプロジェクト「たかじんメモリアル」はいまだ実現できていない。

  • さくら氏の放棄要求はすでに週刊誌で報じられていた
    さくら氏の放棄要求はすでに週刊誌で報じられていた

さくら氏「新法人で『たかじんメモリアル』の設立を行いたい」

   この2億円の使い道についてたかじんさんは、「OSAKAあかるクラブ」が一部公開している遺言書にこう記している。

「金2億円を、自分が生きてきた証として、『たかじんメモリアル』を設立し、大阪のために頑張ってくれた人に対して表彰し、金100万円から500万円を授与するものとするが、当面の運営は大阪あかるクラブが行うため、同法人に遺贈する。運営が順調になれば新法人を設立することを希望する」

   しかし、クラブが2015年5月7日に公式サイトで発表した文書によると、妻さくら氏から、

「新法人で『たかじんメモリアル』の設立を行いたいので、OSAKAあかるクラブには遺贈を放棄して欲しい」

と申し出があったという。

   これを受け、クラブは遺贈放棄の選択肢を含め、「たかじんさんのご遺志を全うできるのであれば」とさくら氏側と協議を行った。しかし新法人でのクラブの役割や2億円の使途をめぐり、両者は合意にいたらなかったという。

   さくら氏の申し出については、すでに週刊朝日(14年12月26日号)やサンデー毎日(12月28日号)がクラブ関係者の証言をもとに報じていたが、15年4月27日のイベントで、クラブ理事の1人が否定していた経緯があった。クラブは今回の発表で「不正確なコメントをしてしまいました」と謝罪した。

2億円の具体的な使い道は明らかになっていない

   今回のクラブ発表はさくら氏の申し出や協議の時期などは明らかにしていないが、サンデー毎日によると、たかじんさんが亡くなった14年1月のうちに申し出があり、10月に2度の協議を行ったという。

   しかし協議が物別れに終わったため、クラブは遺言に基づいて12月に2億円を受領。メモリアル設立に向けて企画を進めると発表していた。

   焦点となる遺贈金2億円の使い道だが、「たかじんメモリアル」はいまだ実現されていない。今後の計画について「OSAKAあかるクラブ」事務局に電話したが、応答はなかった。

   発表では「ご遺贈に込められた前キャプテン(たかじんさん)の思いを最大限に生かさせていただくための企画、また多くのたかじんファンの皆様にもご賛同いただけますような企画を検討しております」としているが、具体的な計画は明らかになっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中