後輩部員を全裸にして暴行 大商大拳法部の元主将ら逮捕

印刷

   1年生の男子部員(19)に全裸を強要するなどしたとして、大阪商業大の日本拳法部元主将の男(21)ら3人が、強要や傷害などの疑いで大阪府警に2015年5月10日に逮捕されたことが分かった。新聞各紙が報じた。

   それによると、男らは3月6~8日、大学の合宿施設で男子部員の顔を浴槽に沈め、頭突きして顔にケガを負わせたほか、酒の一気飲みなども強要し、全身にマジックで落書きして背中をライターであぶるなどした疑い。大学は4月1日付で拳法部を無期限活動停止とした。また、3人を無期停学処分にした。拳法部は、14年の全日本学生拳法選手権大会の男子団体で準優勝している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中