善光寺ドローン墜落に川崎中1殺害通夜中継... 「日本最凶の中学生」、なぜお騒がせ配信続けるのか

印刷

   善光寺(長野市)上空でドローンを飛ばし、落下させてしまった横浜市在住のニコ生主少年(15)が動画サイトの番組で謝罪した。この少年は、配信で度々警察が来るトラブルを起こしているが、配信活動については、今後も続けると強気だ。

   ドローンを巡っては、首相官邸で見つかったり、文化財周辺での飛行が問題視されたりして、規制する方向で論議が起きている。

  • 空撮配信が物議
    空撮配信が物議

軽犯罪法違反の可能性があり、後日に事情聴取

   そんな中、2015年3月に中学校を卒業したばかりの少年が、わざわざドローンを飛ばして実況中継し、物議を醸している。5月に入って、飛行が禁止されている姫路城周辺から撮影して動画配信した。さらに、9日には、善光寺で7年に1度の御開帳が行われたとき、その上空にドローンを飛ばし、中継途中で落下させてしまった。

   テレビのニュース映像を見ると、僧侶ら約800人が石畳の上を行列する中、その間に音を立ててドローンが落ちていた。当日は、参拝客の立ち入り規制があったために、幸い人には当たらず、ケガ人はなかった。

   報道によると、少年は、墜落から約1時間後に境内の臨時派出所に名乗り出て、警察から厳重注意を受けた。ドローンは警察で保管しており、軽犯罪法違反の可能性があるため、後日に事情聴取が行われる模様だ。

   調べに対し、少年は、リモコンでの操縦を誤ったとも、飛行の練習中に風にあおられたとも話しているという。中継動画では、少年がバランスを崩した直後に墜落が起きたようにも映っていた。

   少年はその後、配信動画でドローンを落下させてしまったことを謝罪した。

   そこでは、「多くは語らないが、落下してしまったことは事実」と認め、善光寺の関係者らに謝罪した。ただ、「原因がまったく分からない」などと、報道などとは違う発言をしている。

少年「協力できず申し訳ありません」

   この少年は、街中での撮影でトラブルを起こし、度々警察が駆けつける騒ぎを起こしている。

   2月に起きた川崎中1殺害事件では、容疑者宅前で中継して警察に職務質問されたほか、被害者の通夜会場前でも関係者に取り囲まれ、テレビで映像が流れる事態にもなっていた。

   動画サイトなどの自己紹介を見ると、少年は、「15歳で配信業をやっています」と紹介し、自らのホームページ上で活動への支援金振り込みを呼びかけている。一方で、「ニコニコ生放送で数々の伝説を残す日本最凶の中学生の呼び名も高い」などとうたい、騒ぎになるのも辞さない様子も見せている。

   ネット上では、その活動を巡って論議になっており、「中学生目線で事件を伝えているところが面白い」などと支持する声もあるほか、「プライバシーとか考えないのかな」などと疑問視する声も多い。

   少年は、警察沙汰などになりながら、なぜこうも配信を続けようとするのか。ドローンはコントローラーと合わせて20万円ほどもするが、支援金などを充てるなどして活動しているのか。

   こうした点について取材すると、少年からメールで返事があり、すぐには回答ができないといい、「協力できず申し訳ありません」と書いてあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中