シャープ、最終赤字2223億円 15年3月期 液晶、太陽電池の不振響く

印刷

   経営再建中のシャープの2015年3月期連結決算は、最終損益が2223億円の赤字(前期は115億円の黒字)に転落した。5月14日に発表した。赤字は2年ぶり。液晶パネルの主力生産拠点である亀山工場(三重県亀山市)などの設備の減損処理に加えて、太陽電池の原料関連の市況悪化による評価損などを計上したことなどが赤字の要因。赤字額は当初2月に予想した300億円の赤字から大幅に広がった。

   売上高は前期比5%減の2兆7862億円、営業損益は480億円の赤字(前期は1085億円の黒字)だった。年間配当は3期連続で見送った。

   単体決算では59億円の債務超過に陥った。再建に向けて、資本金1218億円を5億円に減資した後に、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行らを引受け手に2250億円の優先株を発行する資本増強策を実施。それにより累積損失を一掃する。また本社ビルを売却するとともに、3500人程度の希望退職を募集。液晶や白物家電など主要事業の収支の透明性を高めるため、10月に社内カンパニー制を導入する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中