ドコモCM動画がたった1日で消えた! 「あのアプリ」連想させる内容との関係

印刷

   NTTドコモが2015年5月19日にYouTubeの公式チャンネルで公開した動画「あの子と別れてなんて言ってないじゃん。」が、わずか1日で削除されてしまった。

   動画は「ドコモメール」を擬人化した女性を主人公に、昨今のメッセージアプリ人気とキャリアメール離れを男女の切ない恋愛に見たてて描いていた。「私のことも大切にしてよ」「私ともメールしてよ」といった自虐的とも受け取れるセリフで話題を呼んでいたのだが...。

  • 好意的な声も出ていたが…(動画再生ページのスクリーンショット/現在は非公開)
    好意的な声も出ていたが…(動画再生ページのスクリーンショット/現在は非公開)

「あのチャットアプリと別れてなんて言ってないじゃん!」

   どんよりとした曇り空のもと、砂浜を歩く2人の男女。主人公の女性は恋人と思しき男性を必死で追いかけるが、振り向いてもらえない。どうやら男性には夢中になっている別の女性がいるらしい。

   恋敵は何とも可愛らしい女性で、主人公も「確かにあの子は可愛いし、好きになる気持ちは分かるよ」と理解を示している。それでも彼に対する思いは強く、最後には「でも、私のことも大切にしてよ!あの子と別れてなんて言ってないじゃん!」とぶちまけるのだった。

   主人公がドコモメールならば、恋敵の「あの子」は人気のメッセージアプリ、男性はドコモユーザーということだろう。ちなみに「あの子」が着ていたカーディガンは、LINEのブランドカラーそっくりの緑色。キャンペーンサイトには「あのチャットアプリと別れてなんて言ってないじゃん!」という記述もあった。

   携帯電話における連絡手段といえば、かつては各社が提供するキャリアメールが主軸だった。だがスマートフォンの普及に伴い、現在ではすっかりLINEに代表されるメッセージアプリにシフトしている。主人公の悲痛な叫びからは、たとえ「二股」でもいいからキャリアメールも使ってほしいというドコモの切実な思いがうかがえる。キャンペーンサイトには「2番手でかまいません」との思い切った言葉も記されていた。

   あまりに自虐的な内容とあり19日の公開直後からネット上で注目を集めたが、翌20日の12時ごろには動画が削除され、サイトも「メンテナンス中」になってしまった。

「目的としていたところとは異なる反響もあり...」

   削除した理由について、NTTドコモの広報担当者は「さまざまな反響をいただき、トータルで判断して、非公開とさせていただきました」と説明した。

   担当者によると、動画は14年にスタートした「ドコモメールストア」の認知拡大のために制作した。SNSやメッセージアプリが普及する中でドコモメールおよびドコモメールストアも含めてコミュニケーションに活用してもらえれば、との思いが込められていたそうだ。

   抗議や批判が寄せられたわけではないが、「目的としていたところとは異なる反響もあり」(担当者)、最終的に非公開とすることに決めたという。ちなみに、恋敵の「あの子」はメッセージアプリ全般をイメージしており、特定の社のメッセージアプリを示しているわけではないとのことだった。

   動画に対しては、「なぜこんな痛々しい手法を選んだの?」「ドコモの良さがまったく伝わらない」といったネガティブな反応も出ていた一方で、「おもしろい」「ユニークで良い」といった好意的な声も上がっていたこともあり、ドコモの対応には

「別に、何かを批判してるわけじゃないから良いじゃん...」
「動画自体は問題じゃないから別に残しておけばいいのに。イケてないなぁ」

と首をかしげる人も少なくない。

   企業のWeb動画では、ルミネが15年3月に公開した「働く女性を応援するスペシャルムービー」がネット上でバッシングを受けた。ルミネは動画を非公開にし、公式サイトに謝罪文を掲載した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中